※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「《焔魔竜 レッド・デーモン・べリアル》」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

《焔魔竜 レッド・デーモン・べリアル》」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *《焔魔竜 レッド・デーモン・べリアル》
  星10/闇属性/ドラゴン族/攻3500 /守3000
  チューナー+「焔魔竜 レッド・デーモン・アビス」
  (1):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。 自分のデッキ及び墓地からレベル3以下の、レベル
  が同じチューナーをそれぞれ1体ずつ選んで特殊召喚する。この効果で特殊召喚されたモンスターの効果は無効化される。
 
  闇属性・ドラゴン族のシンクロモンスターで、墓地よりチューナーを特殊召喚する効果を持つ。
 
 [[《焔魔竜 レッド・デーモン・アビス》]]と同様、OCGと異なる点が幾らか存在する。
 
 ・シンクロ素材に[[《焔魔竜 レッド・デーモン・アビス》]]を指定するようになっている。
-・モンスターをリリースして[[レッド・デーモン]]を墓地から特殊召喚できなくなっている。
+・モンスターをリリースしてレッド・デーモンを墓地から特殊召喚できなくなっている。
 ・特殊召喚できるチューナーのレベルに制限がある。
 ・特殊召喚したチューナーの効果が無効になるようになった。
 ・特殊召喚したチューナーの表示形式を問わなくなった。
 
  全体的に見れば、CGI環境へと調整されたもの、と言う印象を受けるが、その一方でOCG版にはできない事も存在する。それが、特殊召喚したチューナーでの追撃である。
  一見地味ではあるが、単純な一度のバトルフェイズ中の総合ダメージはこちらの方が上回りやすく、決まった時は相手のライフを大きく削ることができる。
  しかし、素材であるモンスターの攻撃力の高さの関係上、このカードが召喚されたころには相手が守備表示、と言うこともままある。環境の違いもあって効果を通すことが困難な時があるので、その辺りの注意は必要。一気にこのカードまで繋げてしまうか、貫通効果を持たせるか。そこはプレイングや構築によるところ。
  だが、決まれば強力なことには変わりなく、OCG同様のボードアドバンテージ稼ぎとダメージ効率の両立は、まさにエースカードの風格。だが、レッド・デーモンはさらにもう一段階[[進化>《焔魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ》]]を残している。この意味が分かるな?
 
  なお、このカードも[[《焔魔竜 レッド・デーモン・アビス》]]同様、一度シンクロ召喚してしまえば蘇生や帰還が効く。
  また、チューナーの効果は無効になるが、ルール効果までには適用されないので、《幻影王 ハイド・ライド》を特殊召喚したあと、バトル終了後にレベル6のシンクロ召喚に繋げることが出来る。
 
 シンクロ召喚時のセリフ「泰山鳴動!!山を裂き地の炎と共にその身を曝せ! シンクロ召喚!!『焔魔竜 レッド・デーモン・ベリアル』!」
 
 -原作・アニメにおいて―~
  漫画版「遊戯王5D's」に登場する決闘龍の一体、[[《焔魔竜 レッド・デーモン》]]の派生体。当然、使用者は絶対王者ジャック・アトラス。
 
 //-コナミのゲーム作品において―~
 //-神話・伝承において―~
 
 **関連カード
 -[[《焔魔竜 レッド・デーモン》]]
 -[[《焔魔竜 レッド・デーモン・アビス》]]