※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「《妖怪 羽衣狐》」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

《妖怪 羽衣狐》」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+*《妖怪 羽衣狐》
+ エクシーズモンスター
+ ランク4/闇属性/獣族/攻 2850/守 2100
+ 「妖怪」と名のついたレベル4モンスター×3
+ 1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で「妖怪」と名のついたモンスター1体を自分の墓地から特殊召喚する。 
+ 自分フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた時、「妖怪」と名のついたカード1枚を自分のデッキから手札に加える。 
 
+[[妖怪]]エクシーズモンスターの1体。
+
+エクシーズ素材を取り除くことで、墓地の「[[妖怪]]」を蘇生させることができる。
+[[妖怪]]の蘇生手段は数多くあるが、このカードの特筆すべき点として、レベル等の制限や効果無効などのデメリットが一切ないことが挙げられる。
+墓地から特殊召喚可能な上級・最上級[[妖怪]]を落としておけば、一気に盤面の優勢を得ることができる。
+また、上級モンスター以外にも[[妖怪]]には蘇生させることで優秀な効果を発揮する下級モンスターが多く、効果が腐ることは少ない。
+
+第2の効果として、破壊され墓地に送られた際にデッキから[[妖怪]]カードをサーチできる。
+こちらも縛りのない万能サーチなので、最上級モンスターでも引っ張ってくることができる。
+破壊耐性のないモンスターであるため、破壊によるディスアドバンテージを取り戻せる効果はありがたい。
+例によって墓地送りや除外、リリースでは発動しないので注意。
+
+恵まれたステータスと強力な効果を持つモンスターであるが、素材が3体と重いのが欠点。
+特殊召喚手段に長けた[[妖怪]]ではあるが、レベル4×3体を揃えるには狙ったプレイングが必要になるだろう。
+咲夜さんCGIならではのルールとして、素材となったモンスターが消滅してしまうため墓地からの再利用ができないことにも注意。
+
+・第2の効果は「モンスター」に限定されていないので「[[妖怪]]」魔法・罠でもサーチすることができる。
+ただし現時点で対応しているのは[[《妖怪王の号令》]]のみ。
+
+-原作・アニメにおいて―~
+
+
+//-コナミのゲーム作品において―~
+
+//-神話・伝承において―~
+
+//**関連カード
+//-[[《》]]