※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「《古生代化石騎士 スカル・キング》」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

《古生代化石騎士 スカル・キング》」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 *《古生代化石騎士 スカル・キング》
  融合モンスター
  星7/地属性/岩石族/攻 2800/守 2000 
  「岩石族モンスター」+「レベル7以上の戦士族モンスター」
  このカードは「化石融合-フォッシル・フュージョン」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。
  相手フィールド上にモンスターが存在する場合、このカードはもう一度だけ続けて攻撃をする事が
  できる。このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、このカードの攻撃力が守備表示モンスター
  の守備力を越えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
 
 ジムの使用した化石騎士の1体。
 
-効果、攻撃力ともにはパワフルであり、《化石融合-フォッシル・フュージョン》1枚で出せるモンスターの中ではかなり強力な
-効果を持つ。
+効果、攻撃力ともにはパワフルであり、
+[[《化石融合-フォッシル・フュージョン》]]1枚で出せるモンスターの中ではかなり強力な効果を持つ。
 
-しかし、相手の素材がレベル7以上の戦士族モンスターなので、見かけるモンスターとしては、《ギガンテック・ファイター》や
-《D-HEROドグマガイ》、《X-セイバー ウルベルム》などである。
+しかし、相手の素材がレベル7以上の戦士族モンスターなので、見かけるモンスターとしては、
+《ギガンテック・ファイター》や《D-HERO ドグマガイ》、《X-セイバー ウルベルム》などである。
 
-《化石融合-フォッシル・フュージョン》を使用する上での注意は、なるべく汎用性の高いモンスターがどの種族でどのレベルに
-分布しやすいかをわかっておく事であろう。
+[[《化石融合-フォッシル・フュージョン》]]を使用する上での注意は、
+なるべく汎用性の高いモンスターがどの種族でどのレベルに分布しやすいかをわかっておく事であろう。
 
 -アニメ・原作において-
 ジムvs怒りの仮面においてジムが使用。
-2回《タイム・ストリーム》を使って特殊召喚した。《怒りのアンカー・ナイト》を戦闘で破壊し、その後《怒りのアンカー・ナイト》
+2回[[《タイム・ストリーム》]]を使って特殊召喚した。《怒りのアンカー・ナイト》を戦闘で破壊し、その後《怒りのアンカー・ナイト》
 の効果で自身を復活させたところをもう一度攻撃し、決闘に終止符を打った。
 
-攻撃名は「キングス・ソードプレイ」、2回目の攻撃は「キングス・ソードプレイ・セカンド」
+攻撃名は「キングス・ソードプレイ」、2回目の攻撃は「キングス・ソードプレイ・セカンド」。
+
+**関連カード
+-[[《化石融合-フォッシル・フュージョン》]]
+-[[《タイム・ストリーム》]]
+-[[《新生代化石騎士 スカル・ポーン》]]
+-[[《中生代化石騎士 スカル・ナイト》]]