※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「《ペンタクル・オブ・エース》」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

《ペンタクル・オブ・エース》」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *《ペンタクル・オブ・エース》
  通常魔法
  コイントスを1回行い、表が出た場合は自分のデッキからカードを1枚ドローし、ライフを1000回復する。
  裏が出た場合は相手はデッキからカードを1枚ドローし、相手はライフを1000回復する
 
 
 コイントスによってライフゲインとドローするプレイヤーを選ぶ通常魔法。
 OCGの《カップ・オブ・エース》《成金ゴブリン》に通じるものがある。
 
 カードの効果から考えると【ギャンブル】、回復効果に注目すれば【キュアバーン】【シモッチバーン】に採用できる性質を持つ。
 しかし発動した効果の目的が曖昧で、【ギャンブル】でドローしたいのであれば先述の《カップ・オブ・エース》、
 【キュアバーン】【シモッチバーン】であれば《運命の分かれ道》《成金ゴブリン》を使うほうが安全。
 これらのカードを差し置いてまで採用するには効果が中途半端かつデッキテーマに合致しなくなる可能性もある。
 
 アクセントとして上記のデッキに1枚差し込んでおくぐらいが妥当か。
 《便乗》によるターボを行うデッキであれば4枚目の《カップ・オブ・エース》としても扱える。
 
 -原作・アニメにおいて―~
-アニメGXにおいて斎王が使用。
+アニメGXの「剣山VS斎王」戦において斎王が使用。
 
 //-コナミのゲーム作品において―~
 
 //-神話・伝承において―~
 
 **関連カード
 -《カップ・オブ・エース》