※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《プロトタイプ・チェンジ》

通常魔法
自分フィールドに存在する機械族モンスター2体を生け贄とする事で発動できる。
自分の墓地からレベル8の機械族モンスター1体を特殊召喚する。  

フィールド上の機械族モンスター2体をリリースして墓地のレベル8機械族を特殊召喚する効果を持っている。
性質上《トレード・イン》との相性がよく、生贄に必要な機械族モンスターも専用サポートの《パンドラ》以外にも、
《ブラック・ボンバー》、《ボルト・ヘッジホッグ》、《機動砦 ストロング・ホールド》などを使えばディスアドを多少防ぐことができる。
《機械複製術》という手もある。攻撃力500以下の機械族モンスターを2体以上展開し、リリース、特殊召喚につなげられる。
もっとも、必要なカードが増えてくるのでなかなか難しいだろうが……。

ちなみにこのカードは通常魔法なので、《D-HERO ダイヤモンドガイ》で効果を使うことができる。
何らかの方法でこのカードを墓地に落とした後《鳳凰神の羽根》で手札のレベル8機械族を墓地に落とし、
墓地のこのカードをデッキトップにおく。
その後、《D-HERO ダイヤモンドガイ》の効果を使用し次の自分のメインフェイズに発動、先ほど捨てた機械族を特殊召喚する。
こちらもコンボ色が強いが、なかなか面白いので使ってみるのも一興か。
だが、このカードの真髄は《パンドラ》の効果にある。
詳細は《パンドラ》で。

  • 原作・アニメにおいて―~
漫画版GXにおいてデイビットが使用。
原作では必要な生贄は1体であり、CGIでは《パンドラ》に受け継がれる形となった。



関連カード