《降霊術-暁-》

通常魔法
自分フィールド上に「火霊使いヒータ」「憑依装着-ヒータ」「燃え盛るヒータ」の
いずれかが存在する時、自分フィールド上の「きつね火」一体を
生け贄に捧げることでデッキから炎属性モンスター一体を特殊召喚する。
このターンに召喚・反転召喚・特殊召喚を既に行っている場合、
このカードは発動できない。 


「ヒータ」が存在し、「きつね火」をリリースすることで発動する通常魔法。
このカードで特殊召喚するモンスターには制限がなく、自身に召喚ルール効果が無いモンスターならば特殊召喚が可能。

主な対象は《紅き月 レミリア・スカーレット》、《コアキメイル・ヴァラファール》、《大将軍 紫炎》といったところだろうか。

《紅き月 レミリア・スカーレット》は攻撃時相手の守備半減&貫通と、アタッカーとしては十分すぎるレベルである。

《コアキメイル・ヴァラファール》はレミリアを上回る攻撃力に貫通と罠無効の能力を持っている。
手札に鋼核がなければ使い捨てになってしまうが、発動ターンで決着をつければ問題はないだろう。

《大将軍 紫炎》は地味に鬱陶しいロック効果を内蔵している。有用性は中々高い。

もっとも、発動条件が厳しいので普通の炎属性主軸に採用されることはないだろう。
生け贄対象となる《きつね火》が自己再生効果を持っているために他の降霊術よりは発動しやすいのが救いか。


関連カード