《禍津・伊弉凪(マガツ・イザナギ)》

効果モンスター
星7/闇属性/天使族/攻 2700/守 1300
このカードは自分フィールドの「伊弉凪」1体を生贄とする事で手札から特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚に成功した場合、エンドフェイズまでこのカードの攻撃力・守備力は800ポイントアップする。
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、自分フィールド上に存在するスピリットモンスターが
自分の手札に戻る度、相手ライフに500ポイントのダメージを与える。 

闇属性・天使族の最上級モンスター。
《伊弉凪》を生贄にすることで特殊召喚することができる召喚ルール効果、この効果で特殊召喚した場合に攻撃力と守備力をエンドフェイズまで上昇させる効果、スピリットが手札に戻る度に相手に効果ダメージを与える誘発効果を持つ。
召喚ルール効果を持つが召喚に制限は無く、他の効果で特殊召喚する事も可能。

一つ目の効果は《伊弉凪》を生贄にする事で特殊召喚することができる効果。
対象である《伊弉凪》は上級モンスターだが自身の効果で特殊召喚が可能なモンスターな半上級モンスターであるため、場に用意する事は簡単。
ただし《伊弉凪》の特殊召喚にはコストが必要なので1ターンで出す場合、3枚の手札を消費することになる、安易に召喚するのは危険。

二つ目の効果は上記の効果で特殊召喚した場合エンフェイズまで攻撃力と守備力が800ポイントアップする効果。
上昇量は大きく攻撃力は3500にもなるため大半のモンスターを戦闘破壊できる、守備力も上昇するが自分のターンのエンドフェイズまでなので影響は少ない。
エンドフェイズまでしか効果が無い点には注意、このカードの元々の攻撃力は最上級の中では低目であり、守備力はリクルータークラスに破壊されてしまうほど低い、返しのターンで破壊されない用に注意しよう。

三つ目の効果は自分の場のスピリットモンスターが手札に戻る度に相手に500ポイントの効果ダメージを与えるという効果。
《エレメントの泉》に近い効果であり、違いは相手への効果ダメージである事と条件が自分の場のスピリットモンスター限定になっている事。
ダメージはさほど大きくは無いが、スピリットモンスターは基本的に召喚されたターンに手札に戻るため、繰り返し発動しやすい、うまく維持出来ればかなりのダメージを期待出来る。
《血の代償》などを使って1ターンに大量展開することが出来れば最大で2000ポイントのダメージを与えることができる。

  • 《伊弉凪》とは違い、スピリットモンスターをフィールドに維持する効果は無くなっている。


攻撃名は 「空間殺法!」
ダメージ効果発動時メッセージ「禍津・伊弉凪の呪いが降りかかる!」
自身の効果で特殊召喚し、攻撃力上昇効果発動時「 禍津・伊弉凪はヒートライザを発動した!

関連カード


関連項目

  • スピリット