《ゴブリン舞踏隊》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻 2000/守 0
このカードは攻撃宣言を行えない。
1ターンに1度、自分フィールドに表側表示で存在する「ゴブリン」と名のついたモンスター1体の攻撃力を
エンドフェイズまで600ポイントアップさせることが出来る。 

実装時期別カードリスト・第三期で登場した闇属性・悪魔族の下級モンスター。
攻撃宣言が行えず、1ターンに1度ゴブリンと名のついたモンスター1体の攻撃力をエンドフェイズまで上昇させる効果を持つ。
下級モンスターの中では攻撃力が高いが、攻撃ができないという致命的なデメリットを持つ。
(《スキル・ドレイン》を使えば攻撃できるようになるが、それならば《神獣王バルバロス》を使った方が良い)
モンスターを戦闘破壊したければ《バトルマニア》などを使おう。
攻撃力を上昇させる効果はエンドフェイズまでしか続かない。
ゴブリンの攻撃力を上げるのならばこのカードを使うよりは別のカードを使った方が効果的な場合もあるのでゴブリンデッキでは必ずしも使用しなければならないというほどではない。

効果を受ける対象についてはゴブリンを参照のこと。
このカードの恩恵を受ける中で一番攻撃力の高いモンスターは《ゴブリン突撃部隊》であり、効果を発動することが出来れば攻撃力2900になる

原作・アニメにおいて―
アニメ遊戯王GX「もけ夫vsサンブレ・ゲレロ」戦にてサンブレが使用。
このカードを3体並べ、もけ夫の場のもけもけを2体破壊、続くダイレクトアタックでもけ夫のライフを大幅に削った。
原作では攻撃宣言不可のデメリットは存在しなかったようだ。

関連項目