※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《黒の過程-ニグレド》

通常魔法
自分のフィールドに「錬金釜-カオス・ディスティル」が表側表示で存在する場合にのみ発動できる。
自分フィールドに存在する「錬金獣」と名のついたモンスターを全てゲームから除外し、
除外した枚数と同じ枚数だけデッキからカードをドローする。

一見、錬金獣を使うデッキでは必須のように見えるが、錬金獣の召喚にはかなりムラがある。
別の手段で並べたとしても《錬金釜-カオス・ディスティル》が無ければ発動できない。
ハマれば大量にデッキを圧縮できるが、3枚入れるのは危険。

  • 原作・アニメにおいて―
GXにおいて「十代vsアムナエル」戦でアムナエルが使用。
《錬金獣・鉄のサラマンドラ》《錬金獣・銅のウロボロス》《錬金獣・鉛のレオーン》を除外した。
アニメでは手札が0の時にしか発動できない代わりに、除外した錬金獣1体につき2枚ドローできた。

発動時メッセージ「《モンスター》はフィールドから落ちた!」

関連カード


─類似カード
  • 《スペーシア・ギフト》