《疾走優美》

通常魔法
手札から「天狗」と名のついたモンスターを1枚捨てる。自分のデッキからカードを2枚ドローする。

天狗のサポートカード。手札の「天狗」と名の付くモンスターを墓地に捨て、デッキからカードを2枚ドローする効果を持つ通常魔法。

この効果で墓地に送れるのは、CGIでは《妖怪 大天狗》《里の天狗 射命丸文》《念写記者天狗 姫海棠はたて》《下っ端哨戒天狗 犬走椛》《妖怪 カラス天狗》《麗人天狗-ヨシ・ツネ》、OCGでは《偉大天狗》、《カラス天狗》が存在する。

それらとの相性の良さを、順に説明していこう。



天狗をサーチできる、天狗デッキのキーカードの1枚。上級モンスターで攻撃力も上級ライン。
サーチ効果をあきらめて墓地に送ったとしても蘇生可能であるため、中々相性はいい。


《疾走優美》との相性の良さの基準となるモンスター達だが、肝心の《疾走優美》との相性は微妙。
通常召喚できないうえに特殊召喚モンスターであるため、墓地に送るのは躊躇われる。
だが腐ったときに墓地に送り、2枚目以降の特殊召喚コストにすれば無駄になることはない。


言うまでも無く相性はいい。
下級モンスターであるために腐ることは少ないうえに、生き残ってリバースすれば天狗をサーチでき、手札に戻ったこのカードをコストに《疾走優美》を発動できる。
墓地に送られれば《里の天狗 射命丸文》《念写記者天狗 姫海棠はたて》の召喚コストにできるため、さらに相性抜群である。


墓地に送ることで真価を発揮するこのカードも天狗である。
妖怪と天狗の間にシナジーがあるかは不明だが、このカードも風属性である(妖怪には他に《妖怪 一反木綿》が風属性である)。
除外すれば蘇生できないため効果を発揮できないのは痛いが、妖怪と天狗の混合デッキを作るのも面白いかもしれない。


下級モンスター・・・であるが、地属性のため属性間のシナジーがない。
《リミット・リバース》で蘇生できるが、そうなると効果を発動した途端、消滅する。
《疾走優美》の為に投入する余地はあまり無いだろう。

・《偉大天狗》

相性は最悪である。
上級モンスターだが攻撃力は下級モンスターのラインである1900、そのうえ闇属性でスピリットである。
属性のシナジーが無い上に特殊召喚できないのは痛すぎる。
相性が悪い者同士、《麗人天狗-ヨシ・ツネ》と組むのも悪くないか。

・《カラス天狗》

初期のカード特有の、ステータスの割りに高いレベルの通常モンスターであるが、それゆえに相性は中々のもの。
通常モンスター故に蘇生手段は豊富。戦闘するには頼りない数値のため、シンクロ素材にするのがいい。
このカードのレベルは5、《サイバー・ドラゴン》がシンクロ素材にされる場合を考えれば、そのレベルはかなり便利である。
レベル1、2、3のモンスターとシンクロすることでそれぞれレベル6、7、8と、汎用性の高いレベルのシンクロモンスターに1度に繋げることができる。
『シンクロ天狗』を作ってみるのも面白いだろう。《闇の量産工場》でサルベージして再びコストにする戦術も悪くない。


このように、《デスティニー・ドロー》とは違い、天狗の数だけ相性の良さ、悪さがある。
けなしているようなカードもあるが、あくまで《里の天狗 射命丸文》《念写記者天狗 姫海棠はたて》とのシナジーを意識しているからである。
それらとシナジーしないから弱い、というわけではないため注意してもらいたい。
《里の天狗 射命丸文》《念写記者天狗 姫海棠はたて》を優遇しすぎな気がする?それは編集者が文好k・・・うわなにをするやm(ピチューン