※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《妖怪 雪ん子》

効果モンスター
星2/水属性/水族/攻 500/守 500
フィールドに表側表示で存在するこのカードを生け贄に捧げる事で、
フィールドに存在するモンスター1体にアイスカウンターを2つ置く。  


 咲夜オリジナルカード第二期で登場した、水属性・水族の下級モンスター。
 妖怪の名を持ち、自身をリリースすることでフィールド上に存在するモンスターにアイスカウンターを二つ置く起動効果を持つ。

 妖怪の名を持つがこのカードを【妖怪】に入れる意味は皆無であり、《妖怪 雪女》とともに【アイスカウンター】【妖怪】の混成デッキに投入されるようにデザインされているのだろう。妖怪の中では唯一《グリズリーマザー》、《サルベージ》に対応するモンスターである。
 《妖怪 雪女》の効果の関係上、採用されるフィールド魔法は《絶対氷壁》に限定されるため、このカードの効果は実質、「このカードをリリースすることで、相手モンスターの攻撃力を1400下げる」のと同義。
 召喚権を使って召喚する場合《ならず者傭兵部隊》、妖怪の特性を生かして蘇生する場合《妖怪 カラス天狗》、《グリズリーマザー》からリクルートする場合《氷精チルノ》、一度に複数のアイスカウンターを置くことに関しては《フリージングコフィン》と上位互換が非常に多いため、器用貧乏なカードといえる。

 だが、【アイスカウンター】【妖怪】の混成デッキだと《サルベージ》が腐りやすくなるが、このカードは墓地に送りやすいのでそれを防止できる。
 また、アドバンテージや召喚権の効率の上でこそ先に上げたようなモンスター達に劣るが、一方で単一の対象に複数のアイスカウンターを一度に乗せることのできる効果はあまりなく、即効性の上では優位である。同様にリクルートによるサーチ性、サルベージや蘇生による再利用性に優れている点で《フリージングコフィン》に一方的に劣るものではない。

 勿論、そのサイズの小ささ故に妖怪専用蘇生サポートだけでなく《リミット・リバース》や《エンジェル・リフト》によっても使いまわすことができる。その場合、《大妖精》《春の妖精 リリーホワイト》がその他の目ぼしい蘇生対象であろうか。

  • 《妖怪 影女》の登場によってその存在価値が大幅に上昇した。《妖怪 影女》の効果で特殊召喚できる数少ない対象の一体であり、シンクロなりリリースなり、再び効果を使うなりとこのカードを使いまわせるようになった。


  • さりげなく《湿地草原》の効果対象であるが、実質バニラと化してしまうためこの場合の有用性も《カエルスライム》に劣る。

効果発動時メッセージ「フィールドに冷気を残し、雪ん子は溶けてしまった……!」



関連カード