《調律》

通常魔法(制限カード)
デッキから「シンクロン」と名のついたモンスター1体を選択し手札に加える。
その後、手札に加えたモンスターのレベルと同じ枚数だけ自分のデッキからカードを墓地へ送り、
自分は墓地に送ったカード1枚につき600ポイントのダメージを受ける。 

デッキから「シンクロン」と名のついたモンスターを手札に加える効果を持つ通常魔法。
手札に加えたモンスターのレベルと同じ数だけデッキからカードを墓地へ送った後墓地へ送ったカードの数だけダメージを受ける。

デッキからシンクロンと名のついたモンスターを手札に加えるだけでなく、加えたモンスターのレベル分だけデッキの上からカードを墓地へと送るため多量のデッキ圧縮が可能。
墓地へ送ったカード枚数×600のダメージを受けるため、手札に加える「シンクロン」によっては大ダメージを受ける。
特にレベル5の《クイック・シンクロン》を手札に加えた時のダメージは3000ポイントと馬鹿にならない。
できれば《レインボー・ライフ》でダメージを回復に変えたり、《地獄の扉越し銃》や《呪詛返しのヒトガタ》で相手にダメージを移したりといった補助がほしいところ。

当然、このカードを採用するのなら《ボルト・ヘッジホッグ》《ダンディライオン》のように墓地で効果を発動するカードを多めに併用したい。
遊星リスペクトデッキなら他にも《シールド・ウォリアー》なども墓地に送れる可能性があるので相性はばっちりである。

  • 満足=遊星さんが謎の覆面デュエリストGあーに勝利した時の願い事で実装されたクリスマスプレゼント。

もし、もしも、だ。レベル12のシンクロンが出たとしたら・・・?
…ゴクリ

  • 原作において
アニメ・遊戯王5Dsにおいて遊星が使用。
アニメでは自分がダメージを受ける効果がなく、チューナーモンスターならば何でもサーチする事が出来る非常に強力なカードであった。
その後、ゲーム・タッグフォース4においてオリジナルカードとして登場。
こちらではサーチ対象が「シンクロン」と名のつくチューナーモンスターに限定された。
この場合でも、《クイック・シンクロン》をサーチすれば、有用な特殊召喚可能モンスターを即座にサーチしつつ
ノーコストで5枚もの墓地肥やしが出来るという《光の援軍》と互角かそれ以上の性能を持つ相当な強さを誇っていた。
咲夜さんCGIでの実装においては、レベル×600ポイントの厳しい自己ダメージ効果が付与され、安易にレベルの大きいシンクロンを呼ぶ事は出来なくなった。
しかし《ターボ・シンクロン》《ニトロ・シンクロン》あたりならば比較的ダメージも少ないままサーチが出来るため、《クイック・シンクロン》の登場で影が薄くなってしまったこの二者に再び光が当たる可能性が出てきたり、
ダメージを逆に利用して《レインボー・ライフ》に繋げる戦術を用意できるなど、原作におけるただのサーチ系パワーカードという立場から、面白みのあるカードに変化したと言える。

関連カード

  • このカードの効果で手札に加えることのできるカード
レベル5
  • 《クイック・シンクロン》
レベル4
レベル3
  • 《ジャンク・シンクロン》
  • 《ドリル・シンクロン》
レベル2
レベル1