《夜空のユーフォーロマンス》

通常罠
手札の「未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ」1枚を相手に見せる事で発動する事ができる。
デッキから、「UFO」と名のついた攻撃力0のモンスターを2体選択し自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚されたモンスターはこのターン、戦闘では破壊されない。

手札の《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》を公開することで破壊耐性を持ったUFOを展開する通常罠。

《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》を扱う上での二大項目「複数属性の展開&UFOの墓地肥やし」をまとめて行える非常にありがたいカード。更にデッキからの特殊召喚なので手札に一種類でもUFOを握っておけばお手軽に《恐怖の虹色UFO》の召喚に繋げられる。
効果単体として見た性能もかなり高く、展開・防御・デッキ圧縮をまとめて行える上アドバンテージ面でも「-1+2」で+1である。おまけにフリーチェーンなのでこの性能を安定して発揮できることも大きい。
《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》の短所である「サーチ手段に乏しい」という点がそのままこのカードの足枷になってしまっているが前述したようにこのカードで一気に布陣を整えられるため、《ディープ・ダイバー》によって《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》を無理矢理引き込んでもある程度は巻き返せるようになった。

通常のモンスターの生贄確保としては《迷える仔羊》や《終焉の焔》といったトークン生成カードに比べ発動条件がある点で扱いづらく、貧弱なUFOにデッキスペースを割かないとならないという面でも一歩劣る。シンクロ召喚の素材としても個々のUFOのレベルが低く、相当高レベルのチューナーを用いないとフィニッシャークラスの召喚は難しいだろう。
サポートとしての優秀さとは裏腹にその効果は意外と融通が利かないものだということが分かる。

カード性能としては文句なしに優秀な一枚だが最大の短所をプレイング面に抱えている。このカードを発動してしまうと、次のターンに《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》を召喚することが相手に完全に知られ迎撃態勢を取られてしまうのである。
そうなればこちらも相手の伏せを警戒する必要が生まれ、《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》の奇襲性能はかなり削がれてしまうだろう。少なくともいきなり虎の子の《恐怖の虹色UFO》を除外するようなことはまず出来なくなる。
また《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》の耐性は決して強固ではないので、相手にいち早く対策を取られて本来の実力を発揮できないまま処理されてしまう可能性もある。そうなればこのカードと《恐怖の虹色UFO》で獲得したアドを考慮してもかなり苦しい展開になるのは想像に難くない。
フリーチェーンであることを活かしてエンドフェイズや自分のターンに発動することでそのまま奇襲的に攻め込むことも出来るが、その場合このカードの持つ防御性能は失われる。どちらも一長一短なので相手の手札状況や墓地をよく見て柔軟に使い分ける必要がある。
繊細なプレイングが求められるカードだが、その分使いこなせれば《未確認幻想飛行少女 封獣ぬえ》にとってこれ以上ない程の一助になるサポートなので使用を志す方々には是非とも極めてもらいたい。

  • 原作及び二次創作での扱い―
東方星蓮船EX道中曲。
笑い声やインベーダーの射撃音(ピチュり音とも)など奇抜なSEを多数用いた混沌としつつも明るい曲で、封獣ぬえ及び彼女の持つ「正体を判らなくする程度の能力」を表現していると言われている。

これらの謎SEの他にもあまりにも予想外すぎる中ボスや射撃SEに被せる気まんまんの雑魚敵など道中全体を通してサプライズを意識した作りになっていながらも、幾度となく聞かされることになるEX道中ということを考慮して聞けば聞くほど味が出るスルメ曲にもなっているのはさすがといったところか。



関連カード