《ナスカ・ドーパント》

効果モンスター
星8/風属性/戦士族/攻  2600/守  2000
「ナスカ・ドーパント」はフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
相手フィールドにのみモンスターが存在する時、墓地に存在する「地縛神」と名のついたモンスター1体をゲームから除外する事で、
このカードを手札から特殊召喚する事ができる。この効果で特殊召喚に成功したデュエルの間、
「地縛神」と名のついたモンスターは攻撃宣言を行う事は出来ない。
このカードが魔法・罠・モンスター効果の対象となった時、1500ライフポイントを払う事でその効果を無効にする事ができる。


風属性・戦士族の最上級モンスター。
フィールドに1体しか存在できないルール効果、相手フィールドにのみモンスターが存在する時特殊召喚できる召喚ルール効果、自身を対象とする効果を無効にする誘発即時効果の3つの効果を持つ。

フィールドに1体しか存在できないという制約はあれど、最上級モンスターを墓地除外のコストのみで特殊召喚できるのは言うまでもなく強力。
しかしそのコスト対象が、同じく最上級モンスターである地縛神に限定されているためデッキ構築には気を使う必要があるだろう。
また特殊召喚効果を使用した場合、同じデュエル中に地縛神は攻撃を一切行えなくなってしまうため壁役にしかならなくなってしまう。そのため地縛神を多量に投入すればいいというわけでもないのが問題である。

条件召喚モンスターではないため通常召喚や蘇生も問題なく行う事ができる。場に召喚できればその耐性から十分な戦闘を行う事も可能なので、
風属性最上級モンスターとしてそのまま使用し地縛神を無理に投入しないといった方向も見出せるだろう。

また、除外コストは自分の墓地に限定していないため相手の墓地の地縛神を除外して特殊召喚する事も可能。そのため、相手が地縛神デッキだった場合には相当に強力なメタカードともなる。
相手の墓地を減らし、手札からノーコストで最上級モンスターを特殊召喚しつつ相手のエースカードの攻撃を封じられるのだ。
攻撃封印効果は《封魔の呪印》などと同じくデュエル全体に及ぶ制約のため、解除する事すらできない。


対象を取る効果を無効にする誘発即時効果は、《エネミーコントローラー》《サンダー・ブレイク》《ライトロード・ハンター ライコウ》といったよく使用されるカードを軒並み封じられるため強力である。
しかし一度につき《我が身を盾に》と同じ1500もの大きなライフコストを必要とするため、乱用は禁物。
また地縛神と相性が良いフィールド魔法の一つ《死皇帝の陵墓》とは多量のライフコストを必要とする点で競合するため、両者の採用には一考が必要であろう。


  • 地縛神は強力な攻撃力で直接攻撃可能、そして戦闘を受け付けず除去するしかないというその性質から、それを中心としたデッキはワンサイドゲームになりがちでありファンCGIに適合しづらい側面を持つ。せっかく「ナスカ」なのだから地縛神と絡ませてやりたい、しかし単純に地縛神デッキを強化するカードにするのも気が引けるという作り手のジレンマとバランス調整を窺わせるカードである。


《バード・ドーパント》の実装により、地縛神を投入せずとも特殊召喚が可能になり使いやすくなった。

このカードと《仮面ライダーW》を素材とする《風都の英雄チーム》も実装されたため、両者を1つのデッキに入れる意義もわかりやすくなった。《仮面ライダーW》には風属性と闇属性を素材とするフォームが存在するので地縛神を墓地リソースとして共有することもできる。

風都を愛する男だけあり、東方風神録には《グレイソーマタージ》《二百十日》など相性のいいカードが複数枚存在している。

  • 元ネタにおいて
特撮番組「仮面ライダーW」に登場。園崎霧彦がナスカメモリによって変身するドーパント(怪人)。
超高速をはじめとする強大な力を秘めているが、その代償として使用者の肉体を蝕んでいく。所有者である霧彦もまた、その全ての力を使いこなせてはいなかったようである。

園崎家の一員として霧彦はこのナスカメモリの力を使い、仮面ライダーWと何度も対決するが、ある時霧彦は園崎家及び組織「ミュージアム」が、人を変身させる道具「ガイアメモリ」を子供にまでも売りつけ実験台としていた事を知る。
子供は決して巻き込まないという彼の信念を裏切る行いを組織がしていた事を知った霧彦は組織から造反する事となる。
仮面ライダーWと協力して被害者である子供を助けた後、妻である園崎冴子に一緒に家を出てほしいと頼む霧彦。
しかしその言葉は聞き届けられず、「もう必要ない」と霧彦は妻・冴子の手によって殺害されてしまう。
霧彦もまた、園崎の家にとっては秘めた力を持つナスカメモリを調査するための実験台の一人でしかなかったのであった。

彼は彼なりに風都を愛しており、どこか憎めない愛すべきライバルキャラクターとして今後のさらなる活躍に期待が持たれていただけに、その早すぎる死はファン達を深く嘆かせた。
イラストコミュニケーションサイト「pixiv」において、その放映後一週間を待たず「園崎霧彦追悼式」のタグとともに200件近いイラストが投稿された事は彼の人気と死を悼む声の大きさをよく表していると言えるだろう。


関連項目