※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《インフェルニティ・デス・ドラゴン》

シンクロモンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻  3000/守  2400
闇属性チューナー+チューナー以外の「インフェルニティ」と名のついたモンスター1体以上
このカードは墓地からの特殊召喚はできない。
1ターンに1度、自分の手札が0枚の場合に相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する事ができる。
選択した相手モンスターを破壊し、破壊したモンスターの攻撃力の半分のダメージを相手ライフに与える。
この効果を発動するターンこのカードは攻撃する事ができない。

闇属性・ドラゴン族のシンクロモンスター。
OCGと違い、墓地から特殊召喚できなくなっている。その点以外は変化はない。

OCG仕様の場合《インフェルニティ・ネクロマンサー》や《インフェルニティ・ミラージュ》で墓地からからホイホイ特殊召喚できてしまう。手札0でしか発動できないとはいえ除去効果を持つモンスターを墓地から1枚のカードで蘇生できるのは咲夜さんCGIの環境には合わないと判断されたため弱体化されたのだろう。
しかし、特殊召喚が制限されるのは墓地からだけなので《異次元からの帰還》などで帰還させることが可能。


  • シンクロ召喚時のセリフは「死者と生者、ゼロにて交わりし時……永劫の檻より魔の竜は放たれる……!シンクロ召喚……出でよ……!インフェルニティ・デス・ドラゴン!!」
  • 効果名は「インフェルニティ・デス・ブレス」、攻撃名は「デス・ファイア・ブラスト」。
何気にインフェルニティモンスター初の効果に名前を持つモンスターである。

  • アニメにおいて
鬼柳vs遊星(三戦目)において鬼柳が使用。《インフェルニティ・デストロイヤー》のレベルをコピーしたチューナー《インフェルニティ・リベンジャー》と《インフェルニティ・ドワーフ》でシンクロ召喚された。
《ジャンク・ウォリアー》を破壊し、《スターダスト・ドラゴン》と互角の対決を決めるが、結局《セカンド・ブースター》により強化された《スターダスト・ドラゴン》に戦闘破壊される。
鬼柳&遊星vsロットンにおいて、《インフェルニティ・ビースト》なぜかチューナーではない《インフェルニティ・ビートル》二体となぜかチューナーになっている《インフェルニティ・リローダー》を素材にしシンクロ召喚される。
効果によりロットンの《ロング・バレル・オーガ》の破壊を目論見るも《メタル・コート》により無効にされる。
最終的に《ロング・バレル・オーガ》により効果破壊されるが、ここが勝敗の分かれ目となる。

関連項目