《Sin トゥルース・ドラゴン》

効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻  5000/守  5000
このカードは通常召喚できない。
「Sin paradigm shift」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
自分の「Sin」と名のついたモンスターの攻撃で相手モンスターを破壊した時相手のモンスターを全て破壊し、
破壊した数×800ポイントのダメージを相手に与える。
このカードが破壊される場合、
「Sin」と名のついたモンスター1体を自分の墓地から除外する事でその破壊を無効にする事ができる。

闇属性・ドラゴン族の最上級モンスター。
Sinの名を持ち、通常召喚できず、《Sin paradigm shift》の効果でのみ特殊召喚出来る【Sin】の切り札となるモンスター。
Sinモンスターが攻撃で相手モンスターを破壊した時相手モンスターすべてを破壊しその数だけ相手にダメージを与える効果と、このカードが破壊される場合墓地のSinモンスターを除外して破壊を無効にする効果を持つ。

デッキ・手札・墓地から特殊召喚可能なため特殊な場合を除いて複数枚積む必要はない。
除外への警戒を考えても多くても二枚あれば十分だろう。

Sinモンスターに相手モンスターを攻撃で破壊した時相手のモンスターを全て破壊し効果ダメージを与える効果を付与する効果を持つ。
が、このカードがSinと名のつくモンスターである性質上、他のSinのメインアタッカーはそのルール効果によりそもそも特殊召喚することが出来ない。
《Sin パラレル・ギア》を強化して殴るという手もあるにはあるが、はっきり言って実用性があるとは言い難い。
そのため実質的にはこのカードのみに作用する効果と考えて差し支えない。
戦闘後破壊してしまうため採用率の高いリクルーターも封殺することができるため強力。
破壊したモンスター一枚につき800ポイントのダメージという嬉しいオマケもあり、大量の壁を並べて時間を稼ぐというSinモンスターの弱点であった戦術も克服している。
ただし発動条件が「戦闘で」ではなく「攻撃で」であるため、仮に相手がリクルーターで自爆特攻してきても相手モンスターは破壊されない。
相手フィールド上にこのカードより攻撃力の高いモンスターや《マシュマロン》などの戦闘破壊耐性モンスターのみが存在している場合には対処が難しくなるので注意したい。

破壊される時墓地のSinをゲームから除外することで破壊を無効に出来る効果を持つ。
あらゆる破壊に対応しているため非常に場持ちが良い。
コンバットトリックにより一時的に攻撃力で上回られても返しのターンで帰り討ちにすることが出来る。
ただし、いつものことながらバウンスには無力なので採用率の高い《ミスト・ウォーム》には注意しよう。

が、肝心の特殊召喚のための条件はかなり劣悪。
詳しくは《Sin paradigm shift》にて。


《ユベル-Das Extremer Traurig Drachen》以来のデッキに入れられるレベル12のモンスター。高いレベルを利用して《モンタージュ・ドラゴン》のコストにすることもできる。
上記のように《モンタージュ・ドラゴン》のコストとして《ユベル-Das Abscheulich Ritter》や《ユベル-Das Extremer Traurig Drachen》のような高レベルモンスターとともに墓地へ送り《ファントム・オブ・カオス》でこのカードをコピーして攻撃、相手フィールド上のモンスターを一掃した後攻撃力9000越えの《モンタージュ・ドラゴン》でダイレクトアタックをすることでワンターンキルが成立する。どう見ても邪道です本当にありがとうございました。

  • 直訳で「罪深き真実の竜」となる。

  • 映画において
遊戯&十代&遊星vsパラドックスにおいてパラドックスが使用。《Sin paradigm shift》により特殊召喚された後どうなるかは映画館で観よう。

関連項目