※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ネオス・スパイラル・フォース》

通常罠
自分フィールドに「E・HERO ネオス」が存在する場合のみ発動する事ができる。
自分フィールドの「E・HERO ネオス」以外のモンスター1体の攻撃力をエンドフェイズまで2倍にする。
このターン「E・HERO ネオス」は攻撃できない。 

自分フィールド上に《E・HERO ネオス》が存在するときのみ発動できる通常罠。《E・HERO ネオス》が発動ターンに攻撃できなくなる代わりに別のモンスター1体の攻撃力を倍にする。

罠カードであるため引いたターンに使うことはできないが、それでも使いどころによっては強力なカード。攻撃力を上げる対象が《E・HERO ネオス》より攻撃力が高い場合や、攻撃表示モンスター1体に大ダメージを与えることでとどめを刺せるような状況の場合に使うことが望ましい。
相手ターンの時でも《E・HERO ネオス》とは別のモンスターに攻撃してきたときはこのカードで返り討ちにできる。相手が少ないライフの時にリクルーターで自爆特攻(そんなことは少ないと思うが)してきた場合このカードを発動してゲームエンドにすることもできる。


  • 原作において
遊戯&十代&遊星vsパラドックスにおいて十代が使用。遊星の《スターダスト・ドラゴン》を対象に使用した。

関連カード

  • 《E・HERO ネオス》