《ジャンク・ガードナー》

シンクロモンスター
星6/地属性/戦士族/攻  1400/守  2600
ジャンク・シンクロン+チューナー以外のモンスター2体以上
このカードが表側守備表示で自分フィールドに存在する限り1ターンに1度、
攻撃宣言を行った相手のモンスター1体を守備表示にする事ができる。
このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時、
相手フィールドに存在する攻撃表示モンスター1体を守備表示にする事ができる。

地属性・戦士族のシンクロモンスター。
素材が制限されているシンクロモンスターで、表側守備表示で存在する限り攻撃宣言を行った相手モンスターを守備表示にすることができる。また、戦闘で破壊され墓地へ送られたときに相手フィールド上のモンスターを守備表示に変更する効果を持つ。

守りをステータスだけではなく効果にも反映したモンスター。守備力自体は最上級クラスに殴り倒される程度だが自らの効果のおかげで1体だされた程度ではびくともしない。
特に1ターンに1度しか攻撃できない【Sin】に強い。このカード1枚で完封できてしまう。
守備表示に変更するので戦闘補助を同時にこなしているもので、返しのターンに相手を戦闘破壊することもできるし、このカード自体で突っ込んで相手の表示形式を変更し別のモンスターで攻撃するという強引な戦法も可能。
あまり見ることはないが、《最終突撃命令》に弱い。また、汎用性の高い《エネミー・コントローラー》で表示形式を変更されても崩れてしまうので一概に安心はできない。

《シールド・ウィング》等同様、相手に攻撃モンスターを揃えさせて《つり天井》《聖なるバリア-ミラーフォース-》などでハメることも可能。

  • レベルと素材制限の関係上《クイック・シンクロン》では出しにくい。《降格処分》などを使って無理やりレベルを下げれば可能になるがそこまでする意味は薄いだろう。

シンクロ召喚時の台詞は
疾風の使者に鋼の願いが集う時、その願いは鉄壁の盾となる!光差す道となれ!
シンクロ召喚!現れろ! 『ジャンク・ガードナー』!


  • 映画において
遊戯&十代&遊星vsパラドックスにおいて遊星が使用。1ターン目の返しのターンにシンクロ召喚を行う。

関連カード

  • 《ジャンク・シンクロン》