※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ガトリング・オーガ》

効果モンスター
星3/炎属性/悪魔族/攻800 /守800 
自分フィールドの魔法・罠ゾーンにセットされている罠カード1枚を墓地へ送る事で、
相手ライフに800ポイントダメージを与える。


フィールドにセットされている罠カード1枚を墓地へ送って相手にダメージを与える効果を持つ。

簡単にいえば手札の不要な罠カードをバーンカードに変える効果といったところ。1枚のダメージは《昼夜の大火事》と同じ。

アニメと違って通常はライフ8000ルールこのカード自体はガチというわけでもないが、同時に使用されるカードにバーンカードが多くなり、デッキ的に【フルーバーン】となる傾向が強いためG部屋で使われることが多い。

  • 機械族に見えて悪魔族である。

  • アニメでは伏せた魔法カードもコストに仕様で来た。

  • アニメにおいて
初出はロットンvsラモン。ロットンのターンから始まり、このカードを召喚後魔法・罠ゾーンにカードを5枚セット、それらをすべて撃ちだし先攻1ターンキルを決めた。

遊星vsロットンでも同じように先攻1ターンキルを決めようとしたが、《エフェクト・ヴェーラー》によって妨害される。

遊星&鬼柳vsロットンにおいて、先攻で鬼柳のライフを0にする。しかし《インフェルニティ・ゼロ》の効果によって倒しきるには至らなかった。