《アブソリュート・パワー・フォース》

通常罠
「レッド・デーモンズ・ドラゴン」と名のついたモンスター、または
「セイヴァー・デモン・ドラゴン」が攻撃を行うダメージステップ時に、その攻撃モンスターを選択して発動する事ができる。
攻撃モンスターがこのターン守備表示モンスターを攻撃する時、その守備力を攻撃力が越えていれば、
その数値だけ相手に戦闘ダメージを与える。
攻撃モンスターがこのターン直接攻撃以外で相手に戦闘ダメージを与える場合、その数値は2倍となる。 

オリジナルカード-After-で実装された《レッド・デーモンズ・ドラゴン》及び派生モンスター専用サポートカード。
守備モンスターに対する貫通ダメージの付加、戦闘ダメージの倍増、
どれをとっても「力」で物事を押し通すジャック・アトラスの戦術をリスペクトしているといえるだろう。

発動タイミングが非常に限られており、伏せたターンの次の自分のターンの《レッド・デーモンズ・ドラゴン》攻撃時のダメージステップまで発動することができない。

そのため事前に行われる除去には無抵抗であり、サポート対象となる《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を守るわけでもないので状況に対応することができない。

その代わり《リミッター解除》等と同じダメージステップに発動するクイックエフェクトであるため、和睦などによって発動を無駄にさせられるような可能性は少ない。

活躍できる状況が限られているだけに効果的な発動に成功したときの威力は抜群。守備力の低いモンスター相手にこのカードを使えば貫通ダメージ+戦闘ダメージ2倍の効果ですさまじいダメージを与えることができるだろう。

このカードだけでもなかなか強力だが、別のカードと組み合わせて使うとさらに効果的となる。

相手フィールド上に守備モンスターと攻撃表示モンスターが存在する場合、守備モンスター攻撃時にこのカードを使用した後《破壊神の系譜》を使用することでさらなるダメージに期待ができる。効果はこのターン中はずっと続くためさらに攻撃に転じても問題なく戦闘ダメージは2倍となるのである。要するに戦闘ダメージ倍化の攻撃が2度行える。

《セイヴァー・デモン・ドラゴン》の効果と併せて相手の攻撃表示モンスターを攻撃すれば特殊な状況を除いて確実に相手のライフを0にすることさえ可能。

《巨大化》を対象モンスターに使用していた場合も、もちろんダメージは洒落にならず、たとえこのカードの効果対象が《レッド・デーモンズ・ドラゴン》であっても攻撃を食らうモンスターの攻撃力・守備力が2000以上なければそれまでダメージを食らっていなかったとしても回復でもしていない限り瞬殺できてしまう。

  • 発動時メッセージ
《効果対象モンスター》から王者のエネルギーが放たれる!
このターン守備モンスターへのダメージを貫通させ、破壊力は2倍となる!

  • 複数枚使って効果が重複して4倍、8倍になることは断じてない。

  • アニメにおいて
ジャック・アトラスのエースモンスター《レッド・デーモンズ・ドラゴン》の攻撃名の一つ。口から炎を吹きつける《クリムゾン・ヘル・フレア》と違い、灼熱の炎が噴き出す拳で相手を打つ攻撃である。

関連カード

  • カード効果の対象となるカード
  • 《レッド・デーモンズ・ドラゴン》
  • 《レッド・デーモンズ・ドラゴン/バスター》
  • 《セイヴァー・デモン・ドラゴン》