《シンクロ・バトン》

通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在するシンクロモンスター1体を選択して発動する。
選択したシンクロモンスター1体の攻撃力は、自分の墓地に存在するシンクロモンスターの数×800ポイントアップする。

墓地のシンクロモンスターの数だけ自分フィールドのシンクロモンスター1体の攻撃力を上昇させる罠。

シンクロを多用するデッキならば当然採用圏内。1体だけでも上昇量は多く、それでいて効果は半永続的である。発動するならばカードによる妨害が少なくなるダメージステップが望ましいだろう。


原作での上昇値は600だった。


  • アニメにおいて
遊星&ジャック&クロウvsゴドウィンにおいて遊星が《セイヴァー・スター・ドラゴン》に使用。このとき墓地は共有だったのか墓地のシンクロモンスターの数は《スターダスト・ドラゴン》、《ジャンク・アーチャー》、《レッド・デーモンズ・ドラゴン》、《BF-アーマード・ウィング》の4体。攻撃力が6200となり効果を無効にした《地縛神 Wiraqocha Rasca》を攻撃、デュエルの決着をつけた。