※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《風都の英雄チーム》

融合モンスター
星8/風属性/戦士族/攻 3200 /守 2500
「仮面ライダーW」+「ナスカ・ドーパント」
自分フィールド上に存在する元々のカード名が上記のカードをデッキに戻した場合に、エクストラデッキからのみ特殊召喚が可能。
このカード1体を対象とする魔法・罠・モンスター効果を無効にし破壊する。
フィールド上の鳥獣族モンスター1体とこのカードを持ち主のデッキに戻す事ができる。
この効果を使用した場合、デッキから「仮面ライダーW」1体を特殊召喚し、
デッキから「仮面ライダー」と名のついたレベル7以上のモンスター1体を手札に加える。

《仮面ライダーW》《ナスカ・ドーパント》を融合素材とする融合を必要としないタイプの融合モンスター。
対象にならない効果はナスカの効果からライフコストを引いたものであり、なかなか強力。しかし、強制になったため自分の装備魔法等も弾いてしまう。

融合素材として使えるのはあくまで「《仮面ライダーW》」のみであり、別フォームに変身してしまうと英雄チームにはなれない。英雄チームが無効にできるのは対象を取る効果のみのため、英雄チームを出すか、伏せ除去効果を持つ《仮面ライダーW》(CJCT)を出してナスカと2体別々のまま戦うか、といった判断を間違えないようにしたい。

サーチ対象は今のところ《仮面ライダーアクセル》一体しか存在しない。ただでさえ最上級と上級を揃える必要がある上、効果の発動に鳥獣族が必要であるため、無理に最上級のアクセルと発動の為の鳥獣族を投入するより相手が鳥獣族を使ってきた時にを特殊召喚のみで使用した方が楽かもしれない。

他のチームカードと異なり、「このターン内に召喚・反転召喚・特殊召喚された」というテキストが無いため、特殊召喚の容易な《ナスカ・ドーパント》で戦線を維持し、後から《仮面ライダーW》を召喚してチーム結成、というプレイも可能である。

攻撃名
「トリガー・バットシューティング!」

対象効果無効時
ナスカ・ドーパントが超高速で仮面ライダーを助けた!

起動効果
さらばNよ! 霧彦はバード・ドーパントを救い、去っていった……!

関連カード