※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《邪悪の化身 DIO》

効果モンスター
星10/闇属性/戦士族/ 3000 / 2400 
このカードは特殊召喚できない。
自分フィールド上に存在する攻撃力1000以上のモンスター3体をリリースした場合のみ通常召喚する事ができる。
このカードの召喚に成功した時、自分の墓地から「アルカナフォースⅩⅩⅠ-THE WORLD」1体を攻撃表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、
特殊召喚成功時に発動する効果のコイントスを行わず表が出たものとして扱い、攻撃を行う事はできない。
このカード以外の、自分フィールド上のモンスター1体をリリースする事で、このカードの攻撃力はエンドフェイズまで800ポイントアップする。
この効果は相手ターンでも使用する事ができる。

嵌ればすさまじい制圧力を発揮するモンスター。

その召喚条件はかなり厳しい。
モンスターを3体リリースする場合、様々な形でモンスターを増やすサポートを採用する場合が多いのだが、その大半は攻撃力1000に満たないのである。
このカードを軸にしたデッキを組む際は何かしら専用のギミックを考える必要がある。
有効なのは《素早いモモンガ》、《ジャイアントウイルス》、《リミット・リバース》、《地獄の暴走召喚》あたりだろうか。

しかし、一度特殊召喚に成功すると、スタンドであるザ・ワールドを呼び寄せることで攻撃力3000と3100が一気に並ぶ(もっとも片方は攻撃できないが)。相手にかなりの威圧感を与えることができるだろう。

問題は、このカードとザ・ワールドのどちらもリリースを要する効果であること。
このカードの特殊召喚にすでに3体を消費してしまっているため、さらに時間停止用の2体を用意するのはなかなか手間がかかるだろう。
いざとなったらスタンドの血を吸ってしまう覚悟も必要か。
また、召喚条件が厳しい割にカード効果には何の耐性も持たない。召喚できたからといって「最高に「ハイ!」ってやつだァ」等と調子に乗っていると「おれが時を止めた…… 9秒の時点でな」と逆に決められてしまう。
くれぐれも伏せカードには注意しよう。

3体のリリースに見合った強さかどうかは別として、このカードの真の価値は簡単にDIO様ごっこができることだろう。ジョジョファンにとっては召喚の厳しさにも十分お釣りが来るほどの魅力があるカードであろう。

  • 見事召喚に成功したら言ってやろう「きさまは チェスや将棋でいう「詰み(チェック・メイト)」にはまったのだッ!」

世界特殊召喚
DIO 「 これが……THE・WORLDだ……花京院(相手プレイヤー名)……」
DIOのスタンド、THE・WORLDにより強制的に時間停止の効果を得た!!

攻撃力アップ
DIOはモンスターの血を吸って攻撃力が800ポイントアップ!

攻撃
「無駄ァッ!」

攻撃力が上がっている場合
「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァッッ!!」

4000以上
「お前はチェスや将棋で言う「詰み」にハマったのだッ!ザ・ワールド!時よッ!止まれィッ!!」

5000以上
「ロードローラーだッ!!!」