《聖尼公のエア巻物》

通常魔法
「封印された大魔法使い 聖白蓮」が自分フィールド上に表側表示で存在する場合のみ、
または手札のそのモンスターを相手に見せる事で発動する事ができる。
相手の墓地から魔法カードを1枚選択し、自分のカードとして使用する。 

《封印された大魔法使い 聖白蓮》のサポートカードだが、変わっているのは白蓮が手札に存在するだけで発動できること。
相手に見せなくてはならないので警戒させてしまうものの、手札で腐っている白蓮を有効活用することができる。

効果は相手依存なので多少不安定。相手が自分のデッキのサポートカードばかりでデッキを構築している場合などは効果が無いが、《大嵐》などの制限カードやエネコンなどの汎用性の高いカードが利用できればおいしい。
《ライトニング・ボルテックス》等ならそのままUFOを捨てて相手モンスターを南無三することも可能。

このカードが真の力を発揮するのはおそらくCPU戦だろう。

CPUはこれでもかと言うまでに強力な禁止魔法を使用してくるため、このカードがかなり強くなるのだ。
それなら《二重魔法》が強いんじゃね?とか思うだろうが、こちらは発動できれば実質ノーコスト。《サンダー・ボルト》や《強欲な壷》だけでなく、あげくの果てには《スカーレットデビル》すらも発動できる。

CPU戦では禁止カードは問題なく投入可能だが、咲夜制限の聖白蓮デッキを使うのなら、CPU相手にこのカードを使うのも悪くないだろう。

関連カード