※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

説明

東方風神録に登場する八坂神奈子洩矢諏訪子東風谷早苗の三柱をメインにしたテーマデッキである。
ここでは三柱4枚全てを採用するタイプのデッキをメインとして紹介する。
又、本ページでは《山坂と湖の権化 八坂神奈子》を「神奈子様」、《土着神の頂点 洩矢諏訪子》を「ケロちゃん」、《祀られる風の人間 東風谷早苗》を「早苗さん(大)」、《山の新人神様 東風谷早苗》を「早苗さん(小)」と呼称する。//私が決めました、今決めました


《山坂と湖の権化 八坂神奈子》
儀式モンスター
星11/風属性/天使族/攻 3200/守3700
「神風を喚ぶ星の儀式」により降臨。フィールドか手札から、レベル11になるようカードを生け贄に捧げなければならない。
このカードは「神風を喚ぶ星の儀式」以外のカードの効果で特殊召喚出来ない。フィールド上に存在する、
このカード以外の風属性モンスター1体につきこのカードの攻撃力は800ポイントアップする。
1ターンに1度、自分フィールドに存在するこのカード以外のモンスター1体をリリースする事で次のどちらかの効果を発動する。
●相手ライフに1000ポイントのダメージを与える。
●デッキからカードを1枚ドローし、1500ポイントのライフを回復する。
守矢神社の神にしてデッキの主力となる儀式召喚モンスター。高いATK/DEFと自己強化・バーン・キュア&ドローと豊富な効果を持つ。
一方で、《神風を喚ぶ星の儀式」》以外での特殊召喚できない、即ち蘇生・帰還が不可能という制限があり、破壊耐性なども単体では持っていないため降臨には細心の注意が必要となる。
また、儀式の生贄はレベル11ちょうどでなければいけないのでデッキに投入するモンスターにも影響を及ぼす。

罠耐性を付与する《あヽ風の神よ、神湖の地に》・魔法耐性を付与する《神さびた古戦場》・多大なアドをプレイヤーにもたらす(詳しくは該当ページ参照)《神の粥》といった、場に出た後に使用可能な専用サポートが豊富に存在する。

《土着神の頂点 洩矢諏訪子》
効果モンスター
星11/水属性/水族/攻 3200/守 3700
このカードは通常召喚できない。自分フィールドに存在する攻撃力1000以上の風属性モンスターと水属性モンスター1体ずつを、
レベルの合計が11以上になるようリリースする事でのみ特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、デッキからレベル3以下の水属性モンスター1体を特殊召喚する事ができる。
このカードが表側守備表示でフィールドに存在する限り、レベル11のモンスターはカードの効果では破壊されない。 
神奈子様と同じく守矢神社の神の一柱。神奈子様と同等のステータスを持つ。
レベルが11であるため、状況に応じて神奈子様の生贄にするか、場に出すかを選ぶことになるだろう。
場に出した場合も、守備表示で神奈子様や再召喚した早苗さん(大)を守るか、攻撃に参加するか、あるいは効果を使ってモンスター展開を加速するか、など多くの選択肢を決闘者に与えてくれる。
また、神奈子様と異なり、生贄の合計レベルは11を越えていても良いことは覚えておくとよいだろう。

《祀られる風の人間 東風谷早苗》
効果モンスター・デュアル
星6/風属性/魔法使い族/攻2200 /守2600
このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、通常モンスターとして扱う。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、
このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●フィールド上に表側表示で存在するこのカードのレベルは「11」となる。
  このカードが表側表示でフィールド上に存在する限り、 自分のドローフェイズに
 カードを1枚ドローする代わりに、風属性モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。
  その後 デッキをシャッフルする。
守矢神社の現人神であり、デッキの縁の下の力持ち。というか大黒柱かもしれない。
風属性モンスターをサーチする効果とレベル11になる効果をもつため、このカードをいかに素早く場に出すかが神奈子様降臨の鍵となる。
魔法使い族・デュアルと恵まれた設定のため特殊召喚サポートには事欠かないので儀式サポート以外に自分好みの蘇生カードなどを選ぶとよいだろう。
守備よりのステータス・蘇生すれば即座にデュアル可能といった点を考えると《黙する死者》、《蘇りし魂》などがオススメである。

《山の新人神様 東風谷 早苗》
効果モンスター・デュアル
星4/風属性/魔法使い族/攻1800 /守1400
このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、通常モンスターとして扱う。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、
このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードのレベルは7となる。1ターンに1度、
このカードの表示形式によってどちらかの効果を発動する事ができる。
攻撃表示:手札の風属性モンスター1枚を相手に見せることで、
エンドフェイズまでこのカードの攻撃力は見せたモンスターのレベル×100ポイントアップする。
守備表示:手札からレベル5以下の水属性モンスター1体を特殊召喚する。
守矢神社の現人神であり、唯一の下級。攻撃表示のデュアル効果で神奈子様を見せればATK2900になり下級アタッカーとしては破格の数値を叩き出すが、自分ターンのみなので注意が必要である。
基本的に戦闘は神様たちが担当するため、《二拝二拍一拝》のキーにしたり、守備表示の効果でケロちゃんの生贄確保、レベル4魔法使いであることを生かしてシンクロ召喚の素材にする、などがメインの運用となるだろう。
守備表示時の効果での対象モンスターは《妖怪 手長足長》が適任だろう。早苗さん(小)を《黙する死者》等で特殊召喚していた場合、サーチ効果も合わせて手札消費なんと2枚でケロちゃんを特殊召喚できる。

以上のモンスターカードを軸に、専用サーチカードの《あヽ風の神よ、神湖の地に》《二拝二拍一拝》や汎用儀式サポートを適宜選択して投入していく。


概要

 このデッキの主役は当然神奈子様ケロちゃんの二柱であり、これを早苗さん(大)(小)などでサポートしながら、効率よく場に三柱を揃えることが目的となる。

 本ページでは【シンクロ召喚】軸をメインとして紹介するが、これはあくまで筆者が「最も安定する」と判断しただけであり、本来の開発者は「もともとシンクロ軸のケロちゃんデッキに無理矢理神奈子さんと早苗様を組み込めるように魔改造を施したデッキなんで基本とするにはあまりにアウトローすぎる気がします」と述べていることも明記しておく。


【シンクロ召喚】軸

 神奈子様ケロちゃん早苗さん(大)と複数の上級を積みながら、神様たちをお呼びするにはレベル6である早苗さん(大)の相棒として更にレベル5を投入しなければならない。
 そこでメインデッキにこれ以上の上級を投入せず、EXデッキで足りない分のレベルを補うのが【シンクロ召喚】軸である。

 下級モンスターは早苗さん(小)以外に、手札に1枚あれば即レベル5をシンクロ召喚可能な《深海のディーヴァ》、早苗さん(大)(小)を墓地に送ることができる《フェデライザー》、前述の2体を蘇生可能な《ジャンク・シンクロン》を採用する。
 また、専用サーチカードである《あヽ風の神よ、神湖の地に》《二拝二拍一拝》は各種2枚ずつ程度は採用しておきたい。《あヽ風の神よ、神湖の地に》早苗さん(大)自身の効果と合わせれば1ターンで神奈子様セットを揃えることができ、《二拝二拍一拝》はサーチだけでなく、回収の難しい《神風を喚ぶ星の儀式》をサルベージ可能なため、条件と相談しつつ多めに採用していきたい。
 汎用魔法カードでは《簡易融合》のみが必須といえる。儀式・シンクロのレベル調整、ケロちゃん早苗さん(大)の生贄、神奈子様の砲弾と融通が利くため3積みしても問題ないだろう。早苗さん(大)(小)に送るために《未来融合-フューチャー・フュージョン》を採用する場合は《フェデライザー》との兼ね合いに注意。あとは《黙する死者》《思い出のブランコ》といった蘇生カードを蘇生罠とバランスを取りながら採用する。
罠カードに関しては神奈子様サポートである《神さびた古戦場》早苗さん(大)(小)を蘇生する《正統なる血統》《蘇りし魂》を好みで採用する程度か。また、神奈子様に罠への耐性を付与するカードが複数存在するため、《つり天井》や《激流葬》といった全体除去罠を投入してもよいが、《サイクロン》などで《あヽ風の神よ、神湖の地に》を破壊され全滅しても泣かないように。
 《簡易融合》を採用する場合、融合モンスターはレベル4・5は水属性、それ以外は風属性を採用するとよい。風属性をEXデッキに残していればいざという時に《簡易融合》を神奈子様専用のATK上昇カードとしても使えるからである。他には《音楽家の帝王》や《カオス・ウィザート》を投入してシンクロの幅を広げることもできるが15枚制限があるため、この時点での取捨選択が決闘の結果に影響しかねない重要なポイントであることを忘れてはいけない。
 またシンクロモンスターに関してはレベル5に《神海竜ギシルノドン》を多めに採用する。水属性のレベル5であるため早苗さん(大)と揃えば神奈子様ケロちゃん両方の生贄となってくれるのである。

 《フェデライザー》で落とした早苗さん(大)を蘇生するか《ジャンク・シンクロン》《深海のディーヴァ》を駆使して《スターダスト・ドラゴン》を高速召喚するかして《二拝二拍一拝》で必要なカードを状況に合わせてサーチするのが基本的な立ち回りとなる。


【バニラ】軸

 《グリズリーマザー》とそこからリクルート可能なレベル6・水属性《ネオアクア・マドール》を採用する形。
 《ネオアクア・マドール》はバニラ・魔法使い両方のサポートを早苗さん(大)(小)と共有可能である。しかし、このままではレベル11にならないので、レベル5・風属性・魔法使いの《THE トリッキー》を採用する。《THE トリッキー》の効果で手札にダブついた上級を捨て、蘇生の流れを作ることができる。
 その他のモンスターに関しては《グリズリーマザー》から特殊召喚可能なモンスターを中心に好きなカードを選ぶとよいだろう。リクルート可能なレベル7・ATK1000以上である《メタル化寄生生物-ルナタイト》を投入しておくと役に立つかもしれないし事故要員になるかもしれない
 魔法罠に関しては【シンクロ召喚】軸と大差ない構成となる。バニラがやや多めになるのでリクルート直後は低い攻撃力を晒す《ネオアクア・マドール》を守るために《ジャスティブレイク》を投入する程度か。

【シンクロ召喚】軸と比べると《二拝二拍一拝》の発動がやや難しくなるもののリクルーター、《THE トリッキー》の存在から、こちらも安定した運用が可能である。
基本的にはリクルーターや壁モンスターで時間を稼ぎながら神奈子様ケロちゃん降臨の隙を伺うことになる。

【アイスカウンター】軸

 《神が歩かれた御神渡り》の効果を使い、主にケロちゃんをサーチするのが目的のデッキ。アイスカウンターを貯めるカードには水属性モンスターが多く、早苗さん(大)(小)と組み合わせてやればケロちゃんの召喚条件を満たしてやるのも容易である。特にチルノとは好相性で、ケロちゃんの効果で召喚し、その影に隠れながら相手にアイスカウンターを貯め、再び 御神渡りを発動して神奈子様をサーチ、召喚することも不可能ではない。ただし、チルノ自体はレベル3なので11レベルという条件を満たすのには向いていないので注意すべし。
 なお、アイスカウンターを貯めるのではなく消費することが前提のデッキであり、専用フィールド魔法との相性は良くないのは言うまでもない。


デッキの派生

神奈子様のみ、あるいはケロちゃんのみに特化したデッキも当然存在する。
神奈子様は専用サポート全部のせ型や各専用サポート特化型などが存在し、ケロちゃんは召喚条件をクリアする方法によって異なる構築となる。

代表的なカード



関連リンク