《キャットランダムウォーク》

速攻魔法
サイコロを1回振り、出た目の数により以下の効果を得る。
1:自分はライフを500ポイント回復する。
2:自分フィールド上に「燐」と名のついたモンスターが存在する場合、相手の魔法・罠ゾーンに存在するカード1枚を破壊する。
3:自分の墓地から「燐」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
4:自分のデッキから「燐」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
5:自分フィールド上に「燐」と名のついたモンスターが存在する場合、相手フィールド上モンスター1体を破壊する。
6:自分のデッキからカードを2枚ドローする。 

 サイコロの目によって効果が変わるギャンブルカードの1種。大体の場合《地獄の輪禍 火焔猫燐》が採用されているデッキにしか入らないだろう。

 以下、出目による効果の解説
1:自分はライフを500ポイント回復する。
6:自分のデッキからカードを2枚ドローする。
 「燐」を参照しない効果。サイコロがこの目ならば、いついかなる時でも効果が保障される。
 《強欲な壺》と同等の効果になる6はともかくとして、1は《レッド・ポーション》程度の効果しかない。事実上のスカである。何も無いよりはマシと思っておこう。

2:自分フィールド上に「燐」と名のついたモンスターが存在する場合、相手の魔法・罠ゾーンに存在するカード1枚を破壊する。
5:自分フィールド上に「燐」と名のついたモンスターが存在する場合、相手フィールド上モンスター1体を破壊する。
 フィールド上の「燐」を参照する効果。フィールド上に「燐」と名の付くモンスターがいなければ不発となる。
 相手フィールド上のカードを破壊できるのはいいのだが、狙って発動するのは難しい。出た時に限って相手フィールド上に効果対象が存在しないと言う事もままある。

3:自分の墓地から「燐」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
4:自分のデッキから「燐」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
 フィールド上に「燐」を特殊召喚する効果。
 ボードアドバンテージを得られる比較的クセのない効果だが、序盤では墓地に無く、後半ではデッキに無く。と言う事もありうる。

 程度のほどはあれど、いずれも(ギャンブル系カードとしては珍しく)全てアドバンテージに繋がる効果である。少なくともフィールド上に「燐」が存在すれば4/6の確率でプラスの効果となるので、「引いた時に「燐」が存在するならとりあえず使っておこう」ぐらいの心構えでいいだろう。

  • 手札と除外ゾーンは参照されない。


  • 6のドロー効果はお燐を採用していなくとも使えるため、このドロー効果だけを当て込んで単独採用する荒業も可能。同様のギャンブルドローカード《カップ・オブ・エース》と比べると、自分がドローできる確率がおよそ33%ほど低くなる点で劣り、速攻魔法であるため相手の除去にチェーン発動してカードを使わせられる点、50%の確率で相手が2枚ドローするデメリットが存在しない点で勝る。

  • 東方Projectにおいて
 「ダブルスポイラー ~ 東方文花帖」にてお燐が使用するスペルカード。
 横移動(蟹歩き)を基本に上下に画面中を駆け回る。