※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《灼熱の輪禍チーム》

融合モンスター
星8/炎属性/獣族/攻3000 /守1500 
「地獄鴉 お空」+「地獄の輪禍 火炎猫燐」
このターン内に召喚・反転召喚・特殊召喚された、
自分フィールド上に存在する元々のカード名が上記のカードをデッキに戻した場合に、
エクストラデッキからのみ特殊召喚が可能。
相手ターンのスタンバイフェイズ毎に、墓地に存在するモンスター1枚を持ち主のデッキに戻す事ができる。
このカードが表側表示で存在する限り一度だけ、次のどちらかの効果を使用する事ができる。
●:自分のデッキ・墓地から「ニュークリア」と名のついたカード1枚を選択し手札に加える。
●:自分のデッキ・手札から「地霊殿の主 古明地さとり」1体を特殊召喚する。 

オリジナルカード-Infinity-で登場した炎属性・獣族の、
召喚直後の《地獄鴉 お空》《地獄の輪禍 火焔猫燐》を使った特殊な融合モンスター。

以前に登場したチームカードと同じ制約を持つが、
このカードの召喚はその素材のスペックを少し想像しただけでは想像がつかない程度に難しい。

無論、召喚難易度が恐ろしく高い特殊召喚モンスターを素材とする《幻想の結界チーム》や素材のどちらも特殊召喚ができない《幽冥の住人チーム》
よりは簡単であるのは自明の理なのであるが、
このカードの素材はどちらも上級モンスターなのである。
《黒竜の雛》のような効果を持つ《黒猫 お燐》がいる《地獄の輪禍 火焔猫燐》はともかく、
専用特殊召喚サポートが《サブタレイニアンサン》ぐらいしかない《地獄鴉 お空》を場に出す事が非常に難しい。
しかし、場に出す事ができれば以下に記す強力な効果が使用できるため狙って出す価値はあるだろう。

まず、前半の効果は相手の墓地アドバンテージを減らす事ができる。
1ターンに1度とその枚数は多くはないものの、
除外よりも再利用の難しいデッキに戻すというある意味最も嫌らしい効果であるため、
墓地利用を多用するデッキ相手なら非常に有効に働くだろう。

後半の効果は《ニュークリアフュージョン》または《ニュークリアエクスカーション》をサーチする効果、
及び《地霊殿の主 古明地さとり》を特殊召喚する効果のうちどちらかを発動できる効果である。
どちらかといえばこちらの効果がメインとなるだろう。

まず、《ニュークリアフュージョン》または《ニュークリアエクスカーション》をサーチする効果だが、
このカードを特殊召喚した時点で《地獄鴉 お空》はデッキに戻っているので、
《ニュークリアエクスカーション》をサーチする機会はあまりないであろう。
よって《ニュークリアフュージョン》をサーチするのが基本になる。
このカード自身も炎属性・レベル8のモンスターであるため、サーチ即座に融合、という荒業も可能。
無論、融合先のモンスターのマゾバーン効果は
デュエル的には地味にキツイので、
融合する時は慎重し行ったほうがいいだろう。

次に、さとりんを特殊召喚する効果である。
《地霊殿の怨霊》によってサポートを共有できるものの、最上級モンスターであるさとりんをこのカードの素材となるカードを用いたデッキで使うのは事故を誘発する可能性も大きい。
しかし有効な効果を持つ最上級モンスター《地霊殿の主 古明地さとり》をデッキからノーコストで特殊召喚できるのは強力。フィールドに存在していれば相手の手は読みやすくなり、後に《ニュークリアフュージョン》などで大型モンスターを呼ぶ予定があるならばその補助にもなる。
このカードの召喚にある程度特化するデッキならば、その他のシナジーの無さを差し置いても投入を一考できるだろう。

このカードの最大の意義は、それまで《地霊殿の怨霊》のサーチ共有以外に、同デッキに絡める必然性が存在しなかった地霊殿4~6ボスを繋ぐ架け橋となれる事だろう。EXデッキからの特殊召喚モンスターである故、無理な構築を強いる事にもならない。地霊殿フリークには嬉しいモンスターである。

  • 前半の効果があるとはいえ、ミラーマッチにおいてはこのカードを維持し過ぎるのは危険。
《精神操作》によってNTRれてフュージョンされるだけならまだいいが、戦況的に後半効果を発動できなかった、などの場合に《ニュークリアフュージョン》をサーチされるなどされたら目も当てられない。


効果発動時メッセージ
サーチ「お空の核融合の力が高まる…!」
特殊召喚「さとりがペット達を躾に現れた!」
デッキに戻す「 お燐が死体を運び去った!
攻撃名は 「地獄極楽メルトダウン!」



関連カード