《パワー・ジャイアント》

効果モンスター
星6/地属性/岩石族/攻  2200/守  0
このカードは手札からレベル4以下のモンスター1体を墓地へ送る事で特殊召喚する事ができる。
この方法で特殊召喚に成功した場合、このカードのレベルは墓地へ送ったモンスターのレベル分下がる。
この方法で特殊召喚を行うターン、自分はシンクロ召喚を行う事はできない。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、バトルフェイズの間のみコントローラーへのカードの効果によるダメージを0にする。

オリジナルカード-Infinity-で登場した地属性・岩石族の上級モンスター。
半上級モンスターの一体であり、《THE トリッキー》や《クイック・シンクロン》を彷彿とさせる召喚ルール効果を持つ。

基本的には特殊召喚の後すぐにシンクロ素材に使用できる《THE トリッキー》などが優先されるだろう。
ただし、このカードは《サイバー・ドラゴン》の攻撃力を超えられる次第点である攻撃力2200を持つため、パワーカードとして使うぶんにはこちらも捨てがたい。

レベルの下がる効果によって、レベル3以上のモンスターをコストにすれば《レベル制限B地区》や《グラヴィティ・バインド-超重力の網-》をすり抜けることが可能。

また、バトルフェイズ中の効果ダメージを無効にする能力も地味ながら優秀。
メジャーな《魔法の筒》《インターセプト・デーモン》は勿論、《ジャイアントウィルス》や《デス・コアラ》のダメージを無効にできる。
ただし、あくまで効果ダメージのみなので、《ディメンジョン・ウォール》には注意が必要。

このカードは岩石族であるため、ピース・ゴーレムなどと共に【岩石族】に組み込むこともできる。

  • コストとして使用できるのはレベル4以下のモンスターのみなので、《THE トリッキー》に比べ手札で腐りやすい点には注意が必要。

いろいろあって、《レッド・デーモンズ・ドラゴン》の素材にはできなくなった……。

  • 原作において―
遊戯王5Ds「ジャックVSニコラス」戦にてジャックが使用。
後攻1ターン目から《ドレッド・ドラゴン》をコストに特殊召喚されニコラスへダイレクトアタックを狙うも、罠カード《ドゥームズ・レイ》によって攻撃を決める事は叶わなかったが、《ドゥームズ・レイ》の効果ダメージからジャックを守り、結果的にフィニッシャーとなった。
余談だが、恐らくジャックはアンドレの罠カード《異次元のバリア -ロスト・フォース-》のような攻撃反応バーン系罠対策にこのカードを投入していたと考えられる。
ジャックのデッキはこういったカードに弱いと感じた結果であろう。ジャック偉い。