《式神・ワイルドタイガーウルフ》

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻 2300/守 1000
このカードの召喚に成功した時コイントスを1回行う。
表が出た場合、このカードの攻撃力は2000ポイントダウンする。


オリジナルカード-Infinity-で登場した地属性・獣戦士族の下級モンスター。式神の名を持つ。
下級モンスターとしては破格の2300という攻撃力を持っているが、召喚時にコイントスを行う必要があり、表が出ると攻撃力は2000下がって300という《クリボー》並みの弱さになってしまう。
さらに召喚時なので、300の低攻撃力で攻撃表示を晒してしまう事になるのも辛い。

下級モンスターの攻撃力が不足しがちな式神の中では重宝する下級アタッカーなのだが、いかんせん2分の1という高確率で弱体化してしまう効果がネック。
特殊召喚時には効果が発動しない点を利用し、《地霊術-「鉄」》などを使いできるだけ特殊召喚を利用して場に出すよう努めてみたり、効果が発動してしまった場合のアフターケアを行えるような工夫が必要となるだろう。

  • その効果の性質上《あまのじゃくの呪い》との相性は非常に良い。攻撃力が下がれば《あまのじゃくの呪い》とのコンボで絶大な攻撃力を得られ、下がらなければそれはそれで下級アタッカーとしてそのまま使用すれば良い。



  • 元ネタにおいて

漫画「ギャグマンガ日和」において陰陽師・阿部が使役する式神の1体。
「式神界の破壊王」の異名を取る最強ランクの式神。ただし、一度腕をケガするとしじみの貝柱並みの強さとなってしまう(正確には小ぶりなしじみのそれ。)
作中では象とカルタ大会をやっていた際にケガをして完全に折れた。
最初は折れてないかと思ったけど皆が折れてるそれ折れてるって言うからもしやと思ったら案の定折れててやっぱり折れてたんだと思った。

召喚時メッセージ
コイントス表
「ワイルドタイガーウルフ見参!」 しかし腕を負傷しており小ぶりなしじみの貝柱程度の力しか出せない…!

コイントス裏
「ワイルドタイガーウルフ見参!」