※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《グレファー・チューン》

通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する「グレファー」または「漆黒の魔王」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターはフィールド上に表側表示で存在する限りチューナーとして扱う。 

《グレファー》及び《漆黒の魔王》と名の付くモンスターをチューナー化する効果を持つカード。
ゆあーが見た夢の中で、とある決闘者が使用したといういわくつきのカードである。
《戦士ダイ・グレファー》をチューナー化するカードとしては《ナチュラル・チューン》が存在している。
グレファーと女戦士の魂を一つにするのはCONAMI公認と言うことであろう。

このカードが《ナチュラル・チューン》と比べ勝っていることは《グレファー》全般、《漆黒の魔王》に対応していることであろう。
グレファーデッキならば《ナチュラル・チューン》より使い勝手は良いかもしれない。
《戦士ダイ・グレファー》と《ダーク・グレファー》をシンクロし《漆黒闘士グレファー》を出せば光と闇が合わさり最強に見える。
《漆黒闘士グレファー》をチューナーにすればシンクロ/チューナーらしきものになれる。さらに《フォーミュラ・シンクロン》より登場時期が早い。
初代シンクロ/チューナーは実はこのカードである。素敵。

ではここで本題に入る。今回は《戦士ダイ・グレファー》=「勇者ダイ」説について私なりの考えを述べようと思う。
「グレファー」と「勇者ダイ」には多くの共通点がある。まず第一に名前である。これは説明不要であろうが両者の名前は「ダイ」である。
さらに「グレファー」のフレーバーテキストを読んでほしい。「ドラゴン族を操る才能を秘めた戦士。過去は謎に包まれている。」以上が「グレファー」のテキストである。ドラゴンを~の部分は「勇者ダイ」の特殊能力である「竜の紋章」とその種族である「竜の騎士」のことを示していると思われる。過去は~の部分に関してはダイの大冒険の最終回において「勇者ダイ」は地上を救うため行方不明になっている。謎の過去とはこのときに記憶を失っているためであると推測できる。
第二にドラゴン・ウォリアーの存在である。これは竜の戦士と訳すことが出来る。これは「竜の騎士」の暗示であると考えて問題ないだろう。
またその特殊能力も「竜の騎士」との関連が見られる。「竜の騎士の」能力である「竜闘気」の効果の一つに魔法の無力化が存在する。
魔法・罠耐性はこれに起因するものだろう。唯一モンスター効果に耐性が備わっていないのは闘気を用いれば「竜闘気」を貫けることを再現したものだろう。
また「ダーク・グレファー」、「漆黒の魔王」も「勇者ダイ」との関連性を推測することが出来る。
「漆黒の魔王」は「破邪の大剣バオウ」を装備し「炸裂装甲」を身に纏い「堕落」した「戦士ダイ・グレファー」であると言われている。
これは「破邪の大剣バオウ」は「ダイの剣」、「炸裂装甲」は「竜闘気」を現していると考えられる。
「堕落」については「勇者ダイ」の父親である「バラン」が一時魔王軍に身をおいていたのと同様に記憶を失っている間に色々あって人間を憎むようになったとか何とか推測できる。なお記憶云々も推測である。勘違いしないように。
以上が「グレファー」=「勇者ダイ」説の私なりの検証である。

うん・・・?こんな時間に一体誰が・・・


関連カード