説明

 アニメ遊戯王GXにてジムが使用した化石と名の付く融合モンスター群を主力としたデッキ。
 「相手の墓地に依存する」というとんでもない性質によりかなりの上級者向けデッキとなる。厳しいデッキ構築になるじゃろう。
化石融合-フォッシル・フュージョン
通常魔法
自分の墓地の岩石族と、相手の墓地の岩石族以外の、融合モンスターカードによって定められたモンスターを互いの墓地から1体ずつ選択する。
選択したモンスターをゲームから除外し、融合デッキから「化石」と名のついたモンスター1体を自分フィールドに特殊召喚する
(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)。

タイム・ストリーム
通常魔法
自分の場の「新生代」または「中生代」と名の付く融合モンスター1体をエクストラデッキに戻すことで発動する。
そのモンスターが融合対象にした相手の墓地の種族を対象種族とする。
対象種族を同じとする融合モンスター1体を召喚条件を無視して表側攻撃表示で特殊召喚する。
このとき、「新生代」と名のついたモンスターを対象にした場合は「中生代」、
「中生代」と名のついたモンスターを対象にした場合は「古生代」と名のついた融合モンスターを特殊召喚する。

基本的な動かし方

 まずは適当な岩石族モンスターで戦線を維持し、相手の墓地にモンスターを送る。墓地にモンスターがいないことには話にならないのである。
 その後《化石融合-フォッシル・フュージョン》で新生代化石モンスターを融合召喚し、《タイム・ストリーム》で中生代・古生代の化石モンスターを特殊召喚する。
 最上級モンスターを落とせるのであれば最初から古生代化石モンスターを出せる。

デッキ構築

 エクストラデッキの化石モンスターの選択は下記の項目に任せるとして、こちらではメインデッキにどのようなカードを採用するかを説明する。
 まず《化石融合-フォッシル・フュージョン》は必須。3枚積みでいいだろう。《タイム・ストリーム》も出来れば3枚積みたいところだが、完全にコンボ専用カードの為に事故が怖い。何らかのサポートを施すか、枚数を控えめにした方がよいだろう。
 《化石融合-フォッシル・フュージョン》をサーチすることができる《ウルルの守護者》はその発動条件が「召喚時」であり、このサーチを利用すると攻撃力0のモンスターをさらけ出すことになってしまう。だがこのフォローがしっかりできるのであれば3枚積みでも問題ないだろう。幸い守備力は高いので、《化石融合-フォッシル・フュージョン》をサーチしなくてもよいのであれば壁にできる。

 そのほかの岩石族モンスターは何でもよい。というか岩石族が存在するならば他の種族も入れて良い。言ってしまえば《メタモルポット》を採用したデッキに《化石融合-フォッシル・フュージョン》を1枚入れるだけでも成立しうる。
 【岩石族】として構築するならば、単純に強力な《地球巨人 ガイア・プレート》や《コアキメイル・ロック》・《ミッド・ピース・ゴーレム》《スモール・ピース・ゴーレム》などのサーチャー等が適当であろう。
 ただし《メガロック・ドラゴン》は墓地アドバンテージをすべて持っていってしまうため相性が悪い。

 《化石融合-フォッシル・フュージョン》の効果で除外が行われるので《化石岩の解放》を無理なく入れることができる。
 《岩の精霊タイタン》《ギガンテス》《地球巨人 ガイア・プレート》等と除外コストが共通するシナジーも見込める。

化石モンスターの選択

 このデッキを困難たらしめているのが化石モンスターの多さである。現行のルールではエクストラデッキは15枚までであり、対して化石モンスターはなんと33種類である。相手のデッキも分からないうちに絞り込む必要があるのだ。
 以下、その全てを余すことなく解説。

岩石族モンスター+サイキック族モンスター
古生代:自分のエンドフェイズ時、自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターの数×600ライフポイント回復する。
中生代:1ターンに1度、1000ライフポイントを払う事でデッキからカードを1枚ドローする事ができる。
新生代:(効果なし)
 古生代はサイキック族限定で無くなった《マジカル・アンドロイド》、中生代はライフを払う事により追加ドローができる。
 サイキック族はそもそも実装率が低く、採用率も低いため召喚すらできない可能性がある。しかし、さとりこいし辺りはそこそこ採用されており狙い目である。その二人を狙うのであれば新生代中生代古生代のいずれも出せるため、新生代は採用を見送ってもいいだろう。
岩石族モンスター+獣戦士族モンスター
古生代:このカードは同じ攻撃力を持つモンスターとの戦闘では破壊されない。
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与える度に、このカードの攻撃力は400ポイントアップする。
中生代:このカードをリリースする事で、自分のデッキからレベル4モンスターを2体特殊召喚する。
新生代:(効果なし)
 古生代は《騎士道精神》及び攻撃力上昇効果、中生代はレベル以外の制限を取っ払った《ミノケンサテュロス》である。
 獣戦士族は萃香などテーマデッキで活躍したり、《神獣王バルバロス》や《ジェネティック・ワーウルフ》等単体で強いモンスターが存在するものの、種族統一系のデッキでなければ採用されないことも多い。
 《神獣王バルバロス》は咲夜制限に引っ掛かってしまい、この辺りを採用するには風向きが厳しいものがある。
岩石族モンスター+昆虫族モンスター
古生代:1ターンに1度、相手フィールドに表側表示で存在するモンスター1体の攻撃力・守備力を
エンドフェイズまで1000ポイントダウンさせる事ができる。
中生代:1ターンに1度、相手フィールドに表側表示で存在するモンスター1体の攻撃力・守備力を
エンドフェイズまで500ポイントダウンさせる事ができる。
新生代:(効果なし)
 古生代、中生代共に攻撃力・守備力を下げる効果。
 昆虫族は【昆虫族】でもなければ見かける機会はほぼないと言っても過言ではない。見かけたとしても《ドラゴンフライ》ぐらいであり、【昆虫族】でも下級モンスターが殆ど。
 新生代から手間をかけて古生代にしても、出来ることは既に存在する相手モンスターをエンドフェイズまで弱らせるだけである。しかし、採用しないとしないで対【昆虫族】が厳しいものとなるのもまた困りどころである。
岩石族モンスター+悪魔族モンスター
古生代:このカードが相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた時、相手の手札をランダムに1枚墓地へ捨て、
相手プレイヤーに1000ポイントのダメージを与える。
中生代:このカードが相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた時、相手の手札をランダムに1枚墓地へ捨てる。
新生代:(効果なし)
 古生代、中生代共にハンデス効果を持ち、古生代には更にバーン効果がつく。
 咲夜さんCGIでは《クリッター》の採用率が高く、新生代を出せる機会は多いだろう。反面下級以上のモンスターはあまり採用されないことが多く、せいぜいレミリアぐらいなものである。
 新生代はともかく中生代以降はそこそこの攻撃力であるため、早めに《タイム・ストリーム》を狙っていきたい。
岩石族モンスター+ドラゴン族モンスター
古生代:1ターンに1度、フィールド上の魔法・罠カード1枚を破壊し、そのコントローラーに500ポイントダメージを与えることができる。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
中生代:このカードは攻撃力3000以上のモンスターとの戦闘では破壊されない。
新生代:(効果なし)
 古生代は攻撃の代わりの《スタンピング・クラッシュ》、中生代は条件付きの戦闘耐性を持つ。
 下級のドラゴン族を見かけることはあまりないが、最上級モンスターに《スターダスト・ドラゴン》等強力なシンクロモンスターを有する。シンクロを扱うデッキならばかなりの確率で古生代を狙えるだろう。
岩石族モンスター+戦士族モンスター
古生代:相手フィールドにモンスターが存在する場合のみ、バトルフェイズ中にもう一度だけ攻撃する事ができる。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が越えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。 
中生代:相手フィールドにモンスターが存在する場合のみ、バトルフェイズ中にもう一度だけ攻撃する事ができる。 
新生代:(効果なし)
 古生代、中生代共に追加攻撃の効果を持ち、古生代では更に貫通効果を持つ。
 戦士族は下級モンスターの層は厚いが、上級モンスターには恵まれていない。故に新生代から《タイム・ストリーム》を駆使して優秀な効果を持つ古生代にすることになるだろう。
 しかし全体的に攻撃力は控えめであり何らかの強化が欲しいところである。
岩石族モンスター+機械族モンスター
古生代:相手フィールド上の全てのモンスターに1回ずつ攻撃をする事ができる。
このカードが戦闘でモンスターを破壊して墓地へ送った時、相手のライフに1000ポイントのダメージを与える。 
中生代:このカードは1度のバトルフェイズ中に2度の攻撃が出来る。
このカードが戦闘でモンスターを破壊して墓地へ送った時、相手のライフに1000ポイントのダメージを与える。
新生代:このカードが戦闘でモンスターを破壊して墓地へ送った時、相手のライフに1000ポイントのダメージを与える。
 全て戦闘でモンスターを墓地に送った時ダメージを与える効果である。古生代は全てのモンスターに、中生代は2回攻撃ができる。
 機械族は《カードガンナー》の採用率が高く、【機械族】ならば《サイバー・ドラゴン》等上級モンスターにも事欠かない。しかし、採用してないデッキはとことんまで採用していないので油断は禁物である。
 攻撃力がとにかく低い。しかしバーンは全て1000ポイントと強力である。中生代以降は攻撃回数も増加するのでとにかく戦闘破壊を狙っていきたい。
岩石族モンスター+レベル○以上の天使族モンスター
古生代:このカードは魔法・罠の効果によって破壊されない。
中生代:このカードは魔法の効果によって破壊されない。
 古生代は魔法罠、中生代は魔法に破壊耐性を持つ。
 天使族は上級モンスターが強力な種族であるため【天使族】が相手なら古生代を狙いやすいだろう。反面通常のデッキではあまり出せないかもしれない。
 古生代・中生代のいずれもモンスター効果には無力であり、破壊以外のバウンスや除外も効いてしまう。攻撃力もあまり高くないので戦闘破壊も容易である。
岩石族モンスター+鳥獣族モンスター
古生代:このカードの特殊召喚に成功した時、フィールド上の魔法・罠カードを全て持ち主の手札に戻す。 
中生代:このカードの特殊召喚に成功した時、相手フィールド上のモンスター1体を選択し持ち主の手札に戻すことができる。 
新生代:(効果なし)
 古生代は全ての魔法罠、中生代は相手モンスター1体をバウンスする。
 鳥獣族は一般のデッキではあまり採用されない。【鳥獣族】や【フェニックス】を相手にした時出すことになるだろう。
 古生代と中生代では効果の使い道が変わるので古生代を出せる時でも中生代を出した方がいいのではないかとよく考えよう。
 対【フェニックス】ではとんでもないほどのメタになる。妹紅が墓地にいれば《化石融合-フォッシル・フュージョン》で除外され、《フェニックス再誕》のカウンターもバウンスにより無くなってしまう。
岩石族モンスター+魔法使い族モンスター
古生代:1ターンに1度、手札を1枚捨てる事でデッキからレベル4のモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚できる。 
中生代:1ターンに1度、自分のメインフェイズに相手ライフに800ポイントのダメージを与えることができる。 
新生代:(効果なし)
 古生代は《召喚僧サモンプリースト》、中生代はデメリットなしのバーンである。
 魔法使い族は採用が極端な傾向がある。最上級をがっつり入れるデッキもあれば、上級までしか存在しないデッキもあり、下級しかいないデッキもある。
 いずれ劣らぬ優秀な効果なので《タイム・ストリーム》を駆使してどんどん出したいところである。
岩石族モンスター+恐竜族モンスター
古生代:このカードが守備表示モンスターを攻撃したとき、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手に戦闘ダメージを与える。 
中生代:(効果なし)
新生代:(効果なし)
 古生代が貫通効果を持つのみである。
 恐竜族は間違いなく【恐竜族】でしか見る機会は無いだろう。基本的に最上級が強い種族なので遠慮なく古生代を出してあげよう。
 攻撃力は古生代、中生代、新生代、いずれの中でも最高を誇る。反面効果は貧弱なので攻撃力が欲しいのか、効果が欲しいのかよく考えて使おう。

 以上を15枚に絞り込む必要がある。
 時には新生代を入れず、時には古生代を入れず、時には全部入れずの決断が大事である。

《ハ・デスの誘導尋問》

ハ・デスの誘導尋問
永続魔法
自分のフィールドに存在する、レベル4以下の融合モンスターの攻撃力は1000ポイントアップする。 
 新生代だけを採用することで安定性をとったデッキ。相手がどのレベルのモンスターを使用しても対応できる。
 古生代にも劣らぬ攻撃力を安定して得ることができるが、新生代は効果を持たないモンスターが多く、中生代、古生代化石モンスターの優秀な効果を使えないデメリットもある。

  • 海竜、魚、水、獣、植物、岩石、アンデット、炎、爬虫類、雷の種族に対応する化石モンスターは存在しない。結構多いので注意されたし。
  • デッキ構築画面のパック検索では《新生代化石天使 スカル・エンジェル》が抜け落ちている。

代表的なカード


関連リンク