《TG ブレード・ガンナー》

アクセルシンクロモンスター
星10/地属性/機械族/攻 3300/守 2200
「TG」と名のついたシンクロチューナー+チューナー以外のシンクロモンスター1体以上
このカードはシンクロ召喚でしか特殊召喚できない。このカードを対象とした罠カードの効果を無効にする。
相手ターンに一度、このターンのエンドフェイズまでこのカードをゲームから除外する事ができる。

シンクロを超えたシンクロ、アクセルシンクロによって現れるアクセルシンクロモンスター。
効果は対象を取る罠への耐性、および相手ターンに自身専用の《亜空間物質転送装置》を発動するような効果。あと蘇生、帰還等ができない効果。

その効果と攻撃力から場持ちは良く、自分ターンで除去されない限り場に残り続ける、と言ってもいいかもしれない。ただし、戦闘破壊を回避するために除外した場合、大体は3300を超える大型モンスターが殴りかかってくるはずなので、壁モンスターくらいは用意しておきたい。
このモンスターを除外しダイレクトアタックでライフが0になった時は「アクセルシンクロの全てを見せるほどお人よしじゃあない」系のことを言って誤魔化そう。

召喚に必要なモンスターは、それを教えるほどお人よしじゃないシンクロモンスターが2体と、単純に考えるとモンスターを4枚必要とする。
うち一体はシンクロチューナーであり、TGである《TG ワンダー・マジシャン》である必要があり、基本的に5+5のシンクロ召喚となるだろう。
《ロスト・スター・ディセント》で《TG ワンダー・マジシャン》を蘇生して4+6等の方法もあるため、《TG ワンダー・マジシャン》を壁にしてドローするために《ロスト・スター・ディセント》を入れて、ついでにレベル6シンクロも入れておけば機会があるかもしれない。
《TG パワー・グラディエーター》等他のTGシンクロモンスターを何らかの効果でチューナーにしてやってもいいが・・・

現在は《TG ワンダー・マジシャン》がOCG化された《フォーミュラ・シンクロン》を元にしたテキストになっているものの、エラッタ前は《TG ワンダー・マジシャン》のテキストに通常以外のタイミングのシンクロ召喚についてはまったく記されていなかった。
これは実装当時アクセルシンクロの相手ターンでのシンクロ召喚がシンクロチューナーモンスターのものかアクセルシンクロモンスターのものかが不明だったためである。
実際のCGIでの動作では、通常のシンクロ召喚と同じメインフェイズでのアクセルシンクロの他、風を感じることにより魔法、罠、相手メイン1や攻撃宣言等のタイミングにチェーンし《TG ワンダー・マジシャン》の効果チェックから《TG ブレード・ガンナー》をアクセルシンクロ召喚することができた。
ちなみに《ウィキッド・リボーン》や《ロスト・スター・ディセント》で効果が無効化された《TG ワンダー・マジシャン》の効果チェックからでもアクセルシンクロ召喚は可能だったため、恐らく「アクセルシンクロモンスターというカードがルール上チェーンさえかかれば何時でもアクセルシンクロ召喚できる」という扱いだったのだろう。

チューナー以外のシンクロモンスターは1体以上ではあるものの、デルタアクセルシンクロで出そうと思えば最低6体のモンスターにレベル調整カードが必要となるため実戦で使うには流石に厳しいだろう。