《フォーミュラ・シンクロン》

シンクロチューナーモンスター
星2/光属性/機械族/攻 200/守 1500
機械族チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。
また、相手のメインフェイズ時、
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードをシンクロ素材としてシンクロ召喚をする事ができる。

初のレベル2のシンクロモンスターである。

OCGとの違いは、シンクロ素材として機械族チューナーが指定されていること。
やはり、シンクロ召喚するだけで1ドローは危険だと判断されたのだろう。

このカードの実装当初は、機械族チューナーの《ターボ・シンクロン》が活躍していたが、新たに《モノ・シンクロン》が実装されてから、このカードの召喚の際には、主に《モノ・シンクロン》が使用されることが多い。
その後実装された《アンノウン・シンクロン》と《チューニング・サポーター》等で召喚されることも多い。
《仮面ライダーアクセルトライアル》のために使用する場合は《トライアルメモリ》が使用される場合が多いだろう。

このカードの最大の特徴は、やはり相手ターンにシンクロ召喚できるということだろう。
相手のモンスター効果などにチェーンしたり、相手ターンに素材モンスターを蘇生してシンクロするなど。



原作・アニメにおいて―~
遊星vsプラシドにおいて、遊星が使用。
《ターボ・シンクロン》と《アンサイクラー》を素材にして召喚された。
遊星が《シューティング・スター・ドラゴン》のアクセルシンクロ召喚の素材にしようとするも、プラシドの心理フェイズによって一度失敗してしまい、返しのターンで《機皇帝ワイゼル∞》に戦闘破壊されてしまう。
しかし、その返しのターンで遊星はこのカードを蘇生。
《機皇帝ワイゼル∞》に吸収されかけた《スターダスト・ドラゴン》を素材にアクセル・シンクロを行う。

  • アニメでは、1ターンに1度カードをドローする効果だった。