その6   無限の未来へ



WSGP終了から二ヶ月……。





このサイトも、完全閉鎖までの秒読みに入っていた2月中旬に突如としてそのニュースは届きました。
「orotiサーバー閉鎖取り止め」
何……だと……?


orotiサーバーが閉鎖しないなら、このCGIはどーなるの?
このニュースを知った誰もが思った事でしょうが、私が一番そう思いました。
リアル事情的な意味でも精神的な意味でも、3月末の終了に向けて準備を整えてきた自分にとってはまさに寝耳に水な話でした。


どうすればいいのか……
「orotiサーバーが終わるまでは残しておく」と言った手前、自主的に消滅させるのは憚られる。
しかし、心のけじめとして10月の一般公開終了と3月の閉鎖に踏み切ったはずだったのに……。

当時は相当悩みに悩み、どれだけ考えてもハッキリとした答えを出せないまま時間が過ぎていきました。
それは当たり前の話で、どちらの道を選んでも何かを捨てなければならなかったです。
閉鎖を取るという事は、自分の人生の時間を取る代わりに、ここでの仲間との交流を捨てるという事。存続を取るならば、その逆。
この二者択一に簡単に答えが出せようはずもありませんでした。


そんな折、某氏の「最後にみんなで集まりたい」という提案を元に、WSGPの企画が浮かび上がりました。
アニメ遊戯王5Dsで同時期に始まった大会・WRGPをパロディーにした、三人チームを組んでの大会です。

考えた当初は、非常に無謀だと自分でも思いました。
ここでのデュエルでしか知り得ない人達と、組みやすい2人ではなく3人チームを、さらに大会の形式を成すよう沢山作らなければならないとは……。
チームメンバーを巡るゴタゴタでかえって悪い雰囲気になってしまったりはしないか、よしんば開催したとして一試合毎に6人分のスケジュールを合わせ続けるなどという事が果たして可能なのか……。
不安要素は山積していましたが、それを吹き飛ばしてくれたのは、このWSGPを予告した時の一部メンバー達の動きでした。

まだ3人チーム大会とか何も言ってないのに、勝手にチームを結成し、勝手に予行演習としてチーム戦を実演してくれ、本告知にワクワクしてくれた……
この人達の動きを見た時、あぁ、これならば最悪この2チームしか出来なくてもイベントとしては成り立つなぁ、と思い開催を決断する事が出来たのです。

その後の経過は御存知の通りでしょう。 チーム結成に際して不和が起こる事も無く、沢山の人が参加して下さり……
心配した試合のスケジュール合わせも、全員が連携し協力してくれあったおかげで恙無く事が運び、最後までほとんどトラブルも起きずに進行が出来ました。
3人チームを組んでの参加で、試合日は毎日・流動可能というこんなにも難しい大会をこの規模で、ここまでスマートに実行できたのは後にも先にも恐らくこのCGIだけでしょう。
WSGPの記録は、私の誇りです。



閉鎖の事に話を戻すと。
WSGP開催を決定した後、このCGIの進退についても方策が決まりました。
閉鎖か存続か……自分自身で決める事が出来ないならば、もはや道は一つ。
このCGIらしく……結末はデュエルで決めるしかない!!
管理人としての私を含む3人チームを内密に結成し、大会で優勝したチームと力比べをするエキシビジョンデュエルです。

もしも私が勝ったら、天がそう選んだのだろうとしてこのCGIは自主的に閉鎖。
参加者側が勝ったならば、その想いが自分の迷いを上回ったという事で、存続。


あまりにも壮絶でドラマティックな戦いとなりましたが、正真正銘、妥協も手加減も裏工作も一切無し、未来を賭けての真剣勝負でした。
そうして、このCGIはいましばらく現世に留まる事になりました。


これからここがどうなるのか、自分にもちょっと分かりません。4月より先のプランは、自分の中でも存在していませんでしたから。
とりあえず、今はこんな具合で生きています。




おまけ  大会専用カード(バランスブレイカー)

《念写記者天狗 姫海棠はたて》

条件召喚モンスター
星6/風属性/獣戦士族/攻2100 /守1500 
このカードは通常召喚できない。
墓地の風属性モンスター1体を除外する事でのみ特殊召喚する事ができる。

効果は特にありませんでした。かかったな阿呆が!

《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》

条件召喚モンスター
星10/闇属性/機械族/攻4000 /守2800 
このカードは通常召喚できない。自分のエクストラデッキから「サイバー・エンド・ドラゴン」1体をゲームから除外した場合のみ特殊召喚できる。
「Sin」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。このカードが表側表示で存在する限り、自分の他のモンスターは攻撃宣言できない。
特殊召喚に成功したターン、このカードは攻撃宣言を行えない。
フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合このカードを破壊する。

見えたけど出番なし。

《Sin レインボー・ドラゴン》

条件召喚モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻4000 /守0 
このカードは通常召喚できない。自分のデッキから「究極宝玉神 レインボー・ドラゴン」1体をゲームから除外した場合のみ特殊召喚できる。
「Sin」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。このカードが表側表示で存在する限り、自分の他のモンスターは攻撃宣言できない。
特殊召喚に成功したターン、このカードは攻撃宣言を行えない。
フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合このカードを破壊する。

出番なし。事前に袋デュエルで存在がバレるというハプニング発生。

《Sin レミリア・スカーレット》

条件召喚モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2900 /守2400 
このカードは通常召喚できない。自分のデッキから「紅き月 レミリア・スカーレット」1体をゲームから除外した場合のみ特殊召喚できる。
「Sin」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。このカードが表側表示で存在する限り、自分の他のモンスターは攻撃宣言できない。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、このカードの攻撃力がそのモンスターの守備力を越えていれば、その数値だけ相手に戦闘ダメージを与える。
フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合このカードを破壊する。

せっかくだから1枚くらい度肝を抜くようなSinカードを用意しようと。 結局見えただけで、プレーンレミリアの方が召喚されてたけど。


《Sin Cross》

速攻魔法
自分の墓地から「Sin」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズにゲームから除外される。

出番なし。クソース!


《スパーク・ブレイカー》

通常罠
自分フィールドに「ワイズ・コア」 が表側表示で存在する場合のみ、自分のターンに発動する事ができる。
フィールド上に存在する全てのモンスターを破壊し、相手はデッキからカードを1枚ドローする。

恐怖のスパーク・ブレイカー。実にいい感じに働いて最終戦を盛り上げてくれました。

《ワイズ・ナイト》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1900 /守1000 
このカードの召喚に成功した時、デッキから「ワイズ・ナイト」以外の「ワイズ」「ワイゼル」と名のついたモンスター1枚を手札に加える事ができる。

最終戦が事故死じゃあかっこつかないだろうと思って用意したけど一枚も来ず。おまえはあほか~~

《ワイゼルA3》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1600 /守0 
自分フィールドに「機皇帝ワイゼル∞」が表側表示で存在する場合、このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
このカードがフィールドに表側表示で存在する限り、自分フィールドの「機皇帝ワイゼル∞」の攻撃力は1600ポイントアップする。

最後の相手がシンクロ使い以外だと成す術が無いので単純な戦闘力も強化できるように。本番では壁役でしたね。

《ワイゼルG3》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻0 /守2000 
自分フィールドに「機皇帝ワイゼル∞」が表側表示で存在する場合、このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
自分フィールドの「機皇帝ワイゼル∞」が破壊される場合、このカードを代わりに破壊する事ができる。

ラスボスがあっさり除去られると悲しかったので防御要因。 本番では(ry