《ブリザード・プリンセス》

効果モンスター
星8/水属性/魔法使い族/攻2800 /守2100 
このカードは攻撃力1500以上の魔法使い族モンスター1体をリリースして表側攻撃表示でアドバンス召喚する事ができる。
このカードが召喚に成功したターン、相手は魔法・罠カードを発動する事ができない。




咲夜での登場の際に生贄軽減効果にOCGの制約に加えて更に制約が加えられた。

攻撃力1500以上の魔法使い族モンスターと言うのは、リクルーターから召喚されるモンスターのサーチ可能な上限であるため、リクルーターからこのカードに繋げるには攻撃力1500丁度、または自身効果で攻撃力の上昇するモンスターでなければ出来ず、扱い辛い。
また、咲夜で実装されている攻撃力1500の魔法使い族モンスターには単体では使いにくいものが多く、生贄軽減以外の目的でも使用する場合にはそのカードを生かすために別のギミックを追加する必要性がある。
また、魔法使い族の便利な生贄確保手段として《墓守の偵察者》が存在するが、このカードの制約により同名モンスターと比較的汎用性の高い《墓守の番兵》だけを積んだ生贄確保ギミックでは使いにくくなっている。
また、魔法使い族限定のリクルーターである《見習い魔術師》からのサーチからの生贄もしにくくなっている。
《見習い魔術師》には《ものマネ幻想師》があるため出来ないわけではない。


そして肝心の魔法、罠を封じる効果だが、この効果は和睦をこよなく愛するデュエリストの多い咲夜CGIでは非常に強力であるだろう。
「俺の伏せカードは和睦…このターン防いで次のターンに…」のような死亡フラグ思考をしているデュエリストに対してしっかりアニメのようにトドメを刺すことが出来るだろう。
ただし、気付かれたらスタンバイフェイズあたりに発動されるため、注意が必要だろう。