※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《威圧-オーバーパワー 》

通常罠
自分フィールド上に「レッド・デーモンズ・ドラゴン」が存在する場合のみ、
相手がバトルフェイズ中に魔法・罠・モンスター効果を発動した場合に発動する事ができる。その効果を無効にし破壊する。

カード効果を無効にする通常罠。発動するためには自分フィールド上に《レッド・デーモンズ・ドラゴン》が存在しなければならない。

どこからどう見ても《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を中心に使う人にとってはうれしいサポートカード。
通常罠であるためダメージステップ中に発動できないのは惜しいところだが、汎用性の高い《聖なるバリア-ミラーフォース-》で破壊されることを防ぐことができるのは頼りになる。
しかし、バトルフェイズにしか使えないため《激流葬》はもちろんのこと《和睦の使者》や《サンダー・ブレイク》などのフリーチェーンのカードをメインフェイズに発動されると無力なのが痛い。
逆にこのカードの登場により、《レッド・デーモンズ・ドラゴン》に対してそれらのカードを使う場合はメインフェイズ1の終わりに使うことが基本となるだろう。

ただしその場合、同じフリーチェーンのカードでも《エネミー・コントローラー》や《月の書》といった表示形式変更カードについては攻撃は防がれてしまうものの、攻撃に対して使用されたときと比べてメインフェイズ2で攻撃表示に戻すことができるという利点が生まれる。
一見地味だが、これにより相手プレイヤーはメインフェイズにそれらのカードを発動して確実に攻撃を止めるか、このカードを覚悟した上でバトルフェイズで発動して返しのターンでの守備表示の《レッド・デーモンズ・ドラゴン》への反撃を狙うか、あるいは攻撃は通して次の自分ターンのメインフェイズで使用するかで頭を悩ますことになる。
それはこのカードがこちらの場に実際には存在しない場合でも同様であるので、たとえこのカードがデッキに入っていなくともこのカードの存在により《レッド・デーモンズ・ドラゴン》は表示形式変更に対して多少強くなったといえる。
なお、《アヌビスの呪い》に関してはこのことが通用しないので注意。


魔法罠だけでなく効果モンスターの効果も無効にできるのもこのカードの特徴。
前述の通りダメージステップには発動できないために攻撃でリバースしたリバース効果モンスターや《N・モグラモール》などの戦闘経由の除去モンスターといったモンスターには通用しない一方で、《クレボンス》や《バトル・フェーダー》《サイバー・ヴァリー》といった使われると厄介な攻撃無力化モンスターについては軒並み無効化できる。
《レッド・デーモンズ・ドラゴン》自身の効果もあって、相手に時間稼ぎを許さずになぎ倒す様はまさに王者といえるだろう。


効果発動時のメッセージ:レッド・デーモンズ・ドラゴンが強大なパワーで聖なるバリア-ミラーフォース-の発動を叩き潰した!

アイコンがジャック・アトラスの時は以下のセリフが出る。
俺の攻撃を止められるものなら止めてみるがいい! トラップ発動!オーバーパワーーッッ!!

  • アニメにおいて

関連カード