《マインドコントロール》

通常魔法
お互いのフィールドに表側表示モンスターが1体以上存在する場合のみ発動する事ができる。
お互いのプレイヤーは自分フィールドに表側表示で存在するモンスターを任意の枚数選択する。
合計が3000ポイントとなるように、選択したモンスター全ての攻守を同じ数値だけダウンさせる。 

6月第二週パック「紅蓮の稲妻」に登場した通常魔法。
お互いのプレイヤーのフィールドモンスターから攻守力を取り除くトリッキーな効果を持つ。

誰がどのくらい減るのか分かり辛いが要するに、選択した自分のモンスターから「3000÷選択した枚数」分の攻守をダウンさせる。
1体を3000ポイントダウンか、2体を1500ポイントダウンか、3体から1000ポイント……という具合である。

自分と相手の場の状況によって、その有効度は大きく変わる。例えば相手の場に強力モンスターと《綿毛トークン》が1体ずつ存在する場合、
相手はまず間違いなく「《綿毛トークン》1体を選ぶ」という選択を取ってくるだろう。これではこのカードの効果は無いも同然である。
相手の場に、ステータスをダウンさせる意義のあるモンスターが存在すればするほど、相手の受ける打撃は大きくなる。
相手の場に強力モンスター2体だけが並んでいる、という状況の場合どう転んでも相手は大きな被害を受ける事だろう。

このカードの効果は自分にも及ぶため、この場合は逆に攻守をダウンさせても問題の無いモンスターだけを極力選択していきたい。
通常魔法であるためタイミングを計って発動するのは容易く、選択しステータスをダウンさせたモンスターはすかさずリリースやシンクロ素材に使用してしまえばこちらの被害は0となる。

  • 原作・アニメにおいて―
バトルスピリッツ、第二段「激翔」において登場した紫のマジック。
コンボする事によってかなり強力な効果を発揮できるため、現在は究極1カード(デッキに1枚しか入れられない)に指定されている。
制限カード扱いとなっているのはこの再現か。
構築済みデッキ「紅蓮の稲妻」は赤と紫を特集したシリーズであるが、このカードは入ってなかったりする。

FAQ

Q 効果解決時に、どちらかの場に表側表示モンスターが存在しない場合どうなりますか?~
A:どちらかの場に表側表示モンスターが存在しない場合効果は不発となります。表側表示モンスターが存在するプレイヤーのみが処理を行う事はありません。~