《白ひげ海賊団 不死鳥のマルコ》

効果モンスター
星7/炎属性/戦士族/攻 2700 /守 1800
このカードの召喚に成功した時、自分フィールド上に存在する「リザレクション」1枚にフェニックスカウンターを2つ乗せる。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、
自分フィールド上からフェニックスカウンターを1つ取り除く事で
次の自分スタンバイフェイズ時に、墓地からこのカードを特殊召喚する。 

召喚時に《リザレクション》に2つのフェニックスカウンターを溜める誘発効果とフェニックスカウンターを取り除くことで発動する自己再生効果を持つ最上級モンスター。

フェニックスカウンターの蓄積効果は一見《リザレクション》による正規手順の強化版のようだが、《リザレクション》が特殊召喚をトリガーとしているのに対しこの効果は通常召喚に対してしか発動しないため通常の【フェニックス】とは異なる運用が求められる。
どちかといえば一般的な構築よりも《魔将軍スリーダイヤモンド》《南斗鳳凰拳 サウザー》と共に生贄召喚軸のデッキとして組ませるためのデザインだと言える。特に属性・種族が共通しておりどちらもフェニックスカウンターを細かく消費する性質を持つ《南斗鳳凰拳 サウザー》とはシナジーが期待できる。

自己再生効果はフェニックスカウンター1つをコストに《蓬莱の人の形 藤原妹紅》と同様の効果を発動する。
事前に《リザレクション》発動中の通常召喚に成功していればフェニックスカウンターは2つ溜まるが、自信は戦士族なので《DNA改造手術》の影響下で無い限り永久機関にはならない。
それでも最上級モンスターがあらゆる破壊に対して二度まで復活するというのは中々厄介で、生贄召喚前提の最上級モンスターとしては微妙に低い打点を補ってあげれば対処は非常に困難になる。
また、異なる手段で《リザレクション》にカウンターを追加すれば当然再生回数も増えるので、他のギミックと組み合わせるのももちろん有効である。



生贄召喚することが推奨される最上級モンスターと、ゲームシステム的に使い辛いカードだが、性能的には再生効果を駆使した粘りのスタイルから一転して召喚後即《火の鳥-鳳翼天翔-》をぶっぱなして果敢に攻め込んだり幅広い立ち回りがこなせる使い勝手の良いカードだといえる。
だがシナジーの乏しさからサポート役は苦手なので、このカードを採用する場合は基本的にデッキの主役としての採用になるだろう。前述したように使いこなせれば様々な運用が考えられるので今後の研究次第では大きく伸びる可能性のあるカードである。


  • 原作・アニメにおいて―
漫画「ONE PIECE」に登場する海賊。白ひげ海賊団1番隊隊長。
海賊王ゴールド・ロジャー亡き後、事実上最大の海賊である白ひげ海賊団のNo.2でありその実力も非常に高いものを持っている。一見そこらのモブっぽい外見だが、主人公ルフィの兄であるエース以上の実力者でありインパクトの強さからそこが逆に個性になっている。
語尾は「よい」。

彼も当然悪魔の実の能力者であり、それまで作中で絶対視されてる感があった自然(ロギア)系以上の希少種である動物(ゾオン)系幻獣種「トリトリの実-モデル・不死鳥(フェニックス)-」の能力を持っている。
その名の通り鳥類の身体能力に加え伝承上の不死鳥の特性を持ち、自在に空を飛び傷を受けても即座に回復する。また、火の鳥のイメージから炎を扱う描写もあり一時は自然(ロギア)系の能力と動物(ゾオン)系の身体能力(しかも多大なアドバンテージをもたらす制空権を確保できるトリトリの実)を併せ持ち再生も可能というチート能力説も出たが、この炎は再生のための実体を持たない炎であり攻撃力は皆無という回答がなされた。
それでも真面目に考えると場違いな能力を持っている海軍大将黄猿と互角に渡り合うなど肩書きに恥じない活躍を見せており作中でも屈指の実力者であることには違いない。

戦場を縦横無尽に飛び回りルフィの危機を救うなど活躍したが病状の悪化によって形勢不利に陥った白ひげの救援に向かおうとした隙を黄猿に突かれ海楼石によってその能力を封じられる。
その後拘束から抜け出した後はルフィにこれからの時代を背負う可能性を見出し、彼を守るために海軍相手に勝ち目の無い総力戦を挑んだが、赤髪のシャンクスの介入によって命を拾うことになる。
そのため順当に行けば今後は彼が白ひげ海賊団を纏め上げていくことになると思われる。