《オーバーマン・エンペランザ》

効果モンスター
星6/炎属性/戦士族/攻 2400/守 1400
自分のターンに、自分フィールド上に表側表示で存在する「オーバーマン」と
名のついたモンスタ ーが戦闘を行うダメージステップ時にこのカードを手札から墓地へ送る事で、
戦闘を行う相手モンスターの攻撃力・守備力はこのターンのエンドフェイズ時まで1400ポイントダウンする。
●オーバースキル:1ターンに1度、相手フィールド上に存在するモンスター1体を破壊する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 

オーバーマンの一体、オーバーマンの数少ない上級モンスターでもある。
攻撃力が上級の平均ラインまで届いたのは、下級モンスターの多いオーバーマンには嬉しい攻撃力。

さらに自分のターン限定だが、手札からこのカードを墓地に送る事で、自分のオーバーマンと戦闘する
相手モンスターの攻撃力・守備力を1400ポイントダウンさせる事ができる、下級の多いオーバーマンにはやっぱり嬉しい。
ゲインの登場が何より嬉しい。

また、《オーバーセンス》によって解放される【オーバースキル】は
自身の攻撃を不可能にする代わり、相手モンスターを1体破壊する能力を持つ。
表示形式を一切問わないので最後の一手、反撃力にも長けている。
しかしゲームチャンプのようにステータスや耐性は一切変化しないので、相手ターンには少々心もとないとも言える。


~攻撃時のメッセージ~
「黒いサザンクロス!」

~誘発即時効果発動メッセージ~
手札からオーバーマン・エンペランザを墓地に送り――
誘発即時効果  『オーバーマン・エンペランザ』!
ゲインの狙撃によって相手モンスターを撃ち抜く!エンドフェイズまで攻守1400ダウン!

~オーバースキル発動メッセージ~
「 起動効果  『オーバーマン・エンペランザ』!
ゲイン「ブリュンヒルデの腕よぉぉぉ!」 ブラックホール・ラケット!相手モンスターを重力の渦に巻き込む!
相手モンスターは破壊された!


  • 原作・アニメにおいて―~
アニメ「OVERMAN キングゲイナー」に登場するもう一人の主人公が操るオーバーマン。
《シルエットマシン・ガチコ》が大破したため、寄せ集めの部品から組み上げられた、
伝説の《オーバーマン・ブリュンヒルデ》の腕が左腕に使われているため「重力操作」のオーバースキルを繰り出す。

重力操作と言っても何をしているのかよく解からないが 「ブラックホール」のようなもの らしい。

咲夜さんCGIに登場しているオーバーマン関連、特に主人公サイドに属する
登場メカが軒並み水属性であるのに対し、このカードが炎属性なのは
キングゲイナーと対をなしているという意味なのだろうか。とてもドキドキする。

咲夜さんCGIでのブリュンヒルデやオーバーデビルの登場に期待しているのは筆者だけじゃないはず。
たぶん。