※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《オーバーマン・オーバーデビル》

効果モンスター
星10/闇属性/水族/攻 ?/守 2900
このカードは通常召喚できない。
「オーバーマン」と名のついたモンスターを含む3体のモンスターを
リリースする事でのみ特殊召喚する事ができる。
表側攻撃表示で存在するこのカードは戦闘では破壊されない。
このカードはフィールド魔法の効果を受けず、このカードの攻撃力は
フィールド上に存在するアイスカウンターの数×700ポイントアップする。
1ターンに1度、このカードに乗っているアイスカウンターを任意の個数取り除く事で
以下の効果を発動する。
●1個:相手フィールドに表側表示で存在するモンスター1体の攻撃力をエンドフェイズまで半分にする。
●2個:相手に1000ポイントのダメージを与える。
●3個:相手フィールドに表側表示で存在するモンスター1体のコントロールを得る。
●オーバースキル:このカードにアイスカウンターを6つ乗せる。 


オーバーマンを非常に重要とするカード。
《D-HERO ドグマガイ》にとてもよく似た召喚条件を持つ。
召喚の際は《スケープ・ゴート》や《終焉の焔》、《オーバーマン・アンダーゴレーム》の効果を使って召喚を狙いたい。
《オーバーマン・メックスブルート》のオーバースキルならすぐに召喚条件を満たせるが、このカードにアイスカウンターを5つも乗せることができる《オーバーセンス》を必要とするため、可能なら別のカードで生贄を揃えたい。

このカードの持つ3種の永続効果は
攻撃表示 の時に戦闘破壊されない効果。
●フィールド魔法の影響を受けない。
●フィールド上のアイスカウンター1つにつき攻撃力が700ポイントアップ。
となっている。

このカード自身はフィールド魔法の効果を受けないので《絶対氷壁》軸がオススメ。
しかし【アイスカウンター】に【オーバーマン】の要素をねじ込む事になるので非常に構築力を求められる。
手札に加えること自体は《シルエットマシン・ガチコ》の効果によって容易。

また、このカードに乗っているアイスカウンターを取り除く事で3種類の起動効果を発動できる。
1つ目はスペルスピード1の《収縮》となる。《フリージングコフィン》1枚で攻撃力2800までのモンスターを対処可能となる。
~効果発動メッセージ~
「氷の中で相手モンスターのパワーを弱らせる!」

2つ目はバーン効果、アイスカウンターを2つ失うので状況によっては使いどころを悩むが
最後の一手としては申し分ないダメージ量、《氷精チルノ》が2体いる状況ならば、毎ターン1000ポイントのダメージを与えられるとも考えられる。さらに自身が戦闘破壊されない事もあり、チルノを戦闘から守ることができる。闇属性なのでそんなことはできなかった。
~効果発動メッセージ~
オーバーフリーズが生命を削る!

3つ目の効果は永続コントロール奪取、《フリージングコフィン》1枚が《心変わり》と化す。
非常に恐ろしい効果…だが召喚条件やアイスカウンターの要素を混ぜるとなれば見合っているとも見える。
~効果発動メッセージ~
オーバーフリーズで心を凍りつかせ、相手モンスターをオーバーデビルの配下にした…!


そしてこのカードに莫大な力を与えるオーバースキル。
《オーバーセンス》によってオーバースキルを解放してやれば
攻撃力4200となり、3つの起動効果を持つ非常に恐ろしい存在となる。

~オーバースキル発動メッセージ~
オーバーマン・オーバーデビルのオーバースキルが目覚め特殊能力を発動できる!
オーバースキル「オーバーフリーズ」!
(オーバーマン・オーバーデビルにアイスカウンターを5つ置いた)


余談だがこのカードはミラーマッチに非常に弱い。
どの軸かによるが、《オーバーマン・キングゲイナー》を主軸にするデッキには特に弱い。
後だし有利になるがキングゲイナーは戦士族の下級モンスター、1体倒しただけではまだ出てくる。
そしてフィールドのアイスカウンターを全て吸われ…となる。

さらに《ゲイン・オーバー》の効果でコントロール奪還もされる…と
最凶のオーバーマンがオーバーマンに弱いと妙な事になっていると思うかもしれないが
もしそんな展開になれば勝とうが負けようが
原作を見ている人ならば非常にゾクゾクするはず、絶対する。


  • 原作・アニメにおいて―~
最強(凶)のオーバーマン。その見た目からは想像もつかないような力を持つ。
過去に伝説の《オーバーマン・ブリュンヒルデ》が封印一歩手前まで追い詰めたが、完全な封印は成しえなかった。

また、通常のオーバーマンと違い「オーバーマンをパイロットの意思で操る」ではなく
「オーバーデビルの意思でパイロットを操る」と、自らの意思とある野望を持って行動している。

オーバースキルは「オーバーフリーズ」
キングゲイナーのオーバーフリーズと違い物質を凍らせるだけではなく「人の感情」などを凍らせる事ができる。
さらにオーバースキルかどうかは不明だが
自身の幻影を見せたり、生身の人間をオーバーマン化させるなど異質な能力を見せる。

関連カード