《幻獣神バハムート》

条件召喚モンスター
星8/炎属性/ドラゴン族/攻 2800/守 2000
このカードは通常召喚できない。自分の墓地に「幻獣」と名のついたモンスターが7体以上存在する場合のみ特殊召喚できる。
ライフポイントを1000払い、自分の墓地に存在する「幻獣」と名のついたモンスター3体をゲームから除外する事で、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て破壊する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
「幻獣神バハムート」はフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

墓地に7体の幻獣が存在するときに召喚できる幻獣のフィニッシャー。ライフ・墓地リソース・攻撃権を消費して発動する全体除去効果を持つ。

《幻獣召喚師 リディア》によるサーチに対応している点はフィニッシャーとしてはかなり大きな強みであり、召喚条件さえ満たせればそのまま召喚に繋げられる展開が多い。
また召喚自体には一切コストが無いため効果さえ使わなければ、《幻獣召喚師 リディア》や《死者転生》《石油採掘》から即座に後続・復帰に繋げられる。
さらに、手札に戻ってもすぐにまた召喚できるため、《強制脱出装置》は実質《亜空間物質転送装置》となり、《巨竜の羽ばたき》は専用の《大嵐》となるため非常に便利である。
特に《巨竜の羽ばたき》は《大嵐》が禁止の現在、魔法・罠を全体破壊できる貴重なカードであるため、非常に強力であるといえる。
このカードの起動効果と合わせればほぼ全体破壊に近い効果を得られるのである。
しかし肝心の召喚条件が恐ろしく重い。除外のない幻獣版《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》といった具合だが、闇属性と幻獣の比べるのすら虚しくなるカードプールの差から難易度は段違いである。
軽快に墓地に幻獣を溜め込んでいたつもりでも足りないことが多々あるのでこのカードを運用する場合はこまめな墓地確認と計画的な立ち回りが求められる。

除去効果はハンドアドバンテージにこそ響かないがライフ・墓地・攻撃権を一斉に失うため総合的には決して軽いコストではない。
一応ハンドアドバンテージを消費せずに《ライトニング・ボルテックス》が使えるということは相手のモンスターの数がそのままアドに繋がるということなので全く使い道がないわけではない。

厳しい召喚条件を満たしたにしてはステータスが若干心許ないが、これに関しては実際にフィールドに出れば《幻獣クロスウィング》の存在で大分改善されるためそれほど気にする必要はない。
《幻獣クロスウィング》が墓地に3体存在するときに召喚出来れば攻撃力3700と、ノーコストで召喚できるモンスターとしては破格の攻撃力になる。3体は厳しくても1体でもいれば3000ラインを超えるため《幻獣サンダーペガス》の補助も手伝って戦闘では抜群の強さを誇る。また戦闘で叶わない相手が現れても除去効果で吹き飛ばせる。
なんだかんだで専用条件召喚モンスターに見合うだけの性能は持っていると言えるだろう。それにしても少々重すぎる嫌いはあるが。

墓地肥やしとの相性の良い【幻獣】だが肝心の墓地を肥やすカードが存在しないためそれを別ギミックで如何にして補っていくかが重要となる。
一切効果耐性を持たない戦闘向きのカードなので墓地肥やしと魔法・罠除去をまとめて行ってくれる《ライトロード・マジシャン ライラ》とは好相性。その他にもライトロードは単体性能の高さに加え属性も幻獣とマッチするので面白い組み合わせである。スペース的に構築難易度は高めだが完成すれば《裁きの龍》へと化ける可能性も秘めている。
その性質からモンスターが多くなりがちなので、いっそのこと魔法・罠は完全に捨てて《魔導雑貨商人》にすべてを託してしまうのも一興。高速で幻獣7体を落とし後は《死者転生》《創世の預言者》でバハムートを徹底的に使い回していく。更に隙あらば《神聖なる魂》《カオス・ソーサラー》《ゾンビキャリア》をシンクロさせ《スターダスト・ドラゴン》を出せればかなり磐石と言えるだろう。この構築の場合うまく行けば一瞬で条件が満たせるためバハムート特化構築にでき、型にはまった時の爆発力は凄まじいが、条件を満たすまでの立ち回りは通常の構築に輪を掛けて苦しくなる。



  • 原作において―
ファイナルファンタジーシリーズに登場する召喚獣。役割や扱いは様々だが形を変えてFF2を除く全てのナンバリングタイトルに出演している。
由来は旧約聖書に登場する怪物ベヒんもスの表記の一種。ドラゴンとしてのバハムートはD&D(ダンジョンズドラゴンズ)からのイメージであり、それを擬えたファイナルファンタジーの大ヒットによって日本では大きく普及することになる。

FF3以降は召喚獣として使用可能になる。以降も入れ替わりの激しい召喚獣枠の中で安定した出演率と強さを持つため代表的な召喚獣として扱われる。
召喚獣としての強さは安定したものを持つが、システムによっては召喚魔法そのものが使い物にならなかったりするので有用性に関しては作品毎にまちまち。傾向としては味方の火力及び敵HPがインフレを起こしている作品ではあまり活躍できないことが多く、逆に最大火力がそこまで大きくない作品では高威力の無属性全体攻撃として作中有数の大技の一つに数えられる。

  • 各作品のバハムート
+ FF1

+ FF3

+ FF4

+ FF5

+ FF6

+ FF7

+ FF8

+ FF9

+ FF10

+ FF11

+ FF12

+ DFF

+ FF13




関連カード