《ルナ・ドーパント》

効果モンスター【T2】
星6/水属性/アンデット族/攻  2200/守  2000
このカードは通常召喚できない。自分フィールド上に【T2】を持ったモンスターが存在する場合のみ特殊召喚する事ができる。
このカードはリリースできず、シンクロ召喚の素材にする事はできない。
「ルナ・ドーパント」はフィールドに1体しか表側表示で存在できない。
1ターンに1度、自分の墓地の「ドーパント」と名のついたモンスター1体をゲームから除外する事で、
自分フィールド上に「マスカレイドトークン」(戦士族・闇・星2・攻800/守600)を1体攻撃表示で特殊召喚する。

水属性・アンデット族の特殊召喚モンスター。
T2モンスターはそれぞれ異なる特殊召喚条件を持つが、このカードの条件は自分フィールドに他のT2モンスターが存在すること。
それ以外の条件には一切左右されないためフットワークが軽いようにも見えるが、他のT2モンスターが必須なため単独では確実に働けない。
ラッシュをかけるのに向いているが事故要因とも成り得る、ハイリスクハイリターンなモンスターである。

起動効果は、自分の墓地のドーパントを除外する事で《マスカレイドトークン》を呼び出せるというもの。
コストはT2に限定されていないため、通常のドーパントモンスターを合わせてデッキに投入する事でも発動可能。
生成されるトークンはこれといった特徴のない低級モンスターであり、また攻撃表示であるため何の必要もなく発動してもアドバンテージには繋がりにくい。
しかしこのカードの特殊召喚に成功した時点で既に少なくとも2体のモンスターが自分フィールドに存在している事は確実なため、さらに手数を増やす事で相手は処理に追われる事となるだろう。
追加火力として優秀な働きを見せるこのカード自身と合わせて、ダイレクトアタックで3000のライフを奪えるのは大きい。

  • 原作において-
劇場版仮面ライダーW FOREVER AtoZ~運命のガイアメモリ~に登場。
「NEVER」幹部・泉京水がT2メモリ「ルナ」によって変身した超強力5大ドーパント。両腕を自在に伸縮させたり、分身としてマスカレイド・ドーパントを複数生成するといった特殊能力を多く持ち、これにより相手を幻惑する。

京水自身は鞭による戦闘を得意とする、つかみ所のないオカマ。傭兵部隊である「NEVER」には場違いとも言えるコミカルな性格の持ち主でメンバーのムードメーカーであるが、
同時にメンバー屈指の実力者でもあり克己に対する忠誠心は特に厚く彼を「克己ちゃん」と呼ぶ。常にダンスを踊るかのようなステップで移動し、美形の男を好むようである(さらに欲を言うと強くて美形の男が好み)。
演じたキャストは須藤元気。

いかつい外見でありながらのそのコミカルな言動による怪演は視聴者に強烈なインパクトを与え、彼の放った言葉一つひとつがネタとしてブームを巻き起こした。
(代表的な台詞に「誰このイケメン?誰このイケメン!?」 「イケメンで強いのね! 嫌いじゃないわ!嫌いじゃないわ!」等々)
驚くべきは、これらの所作や台詞が全てキャスト本人によるアドリブであったという点だろう。
企画当初は関西弁を話す強面の男という設定であった泉京水であるが、《メタル・ドーパント》の剛三とキャラが被るという事から急遽設定が変更され、
その結果京水はオカマキャラとしてぶっつけ本番で演じられたという。この英断が正解であった事は、現在各所で猛威を振るっている京水の台詞ネタの数々が証明していると言える。


召喚時のメッセージは
「そろそろアタシも、行こうかしら!」
「ルナ!」

トークン生成時の起動効果は
京水「行ってらっしゃーい!」
ルナ・ドーパントがマスカレイドの分身を生み出す!場にマスカレイドトークンが現れた!


イケメンを攻撃した場合のメッセージは「あら男前じゃなぁい!」
イケメンに攻撃された場合のメッセージは「イケメンで強いのね! 嫌いじゃないわ!嫌いじゃないわ!」