※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《エクストリームメモリ》

効果モンスター
 星1/風属性/機械族/攻 600/守 1000
自分フィールドに「仮面ライダーW」と名のついたモンスターが表側表示で存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時、デッキからカードを1枚ドローする。

実装時期別カードリスト-Infinity-にて登場した風属性・機械族の下級モンスター。
自身を手札から特殊召喚できる召喚ルール効果と、戦闘で破壊され墓地へ送られたとき1枚ドローできる誘発効果を持つ。
また、《仮面ライダーW・サイクロンジョーカーエクストリーム》《クレイドール・ドーパント・エクストリーム》の融合素材でもある。

自分のフィールドに「仮面ライダーW」と名のついたモンスターが存在すれば特殊召喚できるため、自身のライフが4000以下のとき《仮面ライダーW・サイクロンジョーカー》が存在すれば即座に《仮面ライダーW・サイクロンジョーカーエクストリーム》へと繋げられる。
条件さえ整っていれば《仮面ライダーW》のアドバンス召喚から即座に攻撃力3000を越えた最上級モンスターを特殊召喚できるのは強力であるといえる。
さらに戦闘で破壊されてもハンドアドバンテージを失わないため序盤から守備表示で伏せることができ、墓地にモンスターを送ることが重要な【仮面ライダーW】において採用に高い望みが持てる。

レベル1モンスターとしてはステータスが高めであり、特に守備力の1000という数値は貫通効果モンスターを相手取った場合に戦闘ダメージをある程度軽減することができるだろう。
だが逆に攻撃力の数値の高さが災いしそのままでは《機械複製術》の対象とすることはできなくなっている。
しかしレベル1・機械族であるため《ワン・フォー・ワン》や《ロード・ウォリアー》から特殊召喚する事ができ、攻撃力は1000以下であるため《リミット・リバース》による蘇生も可能となっている。
このように手札・デッキ・墓地と一通りの場所からフィールドへ出すことができる。
これらの条件と合致する《トライアルメモリ》とサポートを共用でき、同時に採用することで共に《フォーミュラ・シンクロン》へとシンクロ召喚する機会も少なくない。

【仮面ライダーW】における墓地コストとして有用な風属性であり、戦闘で破壊された場合にしかドロー効果が発動しない点を含めても《仮面ライダーW》のサポートカードとして非常に扱い易い。
手札から特殊召喚するには「仮面ライダーW」と名のついたモンスターであるだけでよいため、自分フィールドに存在するのが《仮面ライダーW・サイクロンジョーカー》でなくともよく、融合素材とせずとも他の仮面ライダーW融合体の隣へ並べて一時の壁としたり、通常召喚権を使用しない点を活かして上級モンスターのリリースとして使ったりと、あまり展開力に長じていない【仮面ライダーW】の潤滑剤として柔軟な活躍ができるだろう。


  • 原作・アニメにおいて―~
特撮番組「仮面ライダーW」に登場する、バードモードで自立稼働できる鳥型特殊ガイアメモリ。
全幅:221.5ミリメートル 全長:225ミリメートル
バードモード時の全高:67ミリメートル 最高飛行速度:マッハ1.2

ウェザードーパントから強襲を受け重傷を負ったフィリップを救うため、どこからともなく飛来したガイアメモリ。
本来のエクストリームの綴りと異なりXを頭文字とするXtreme(極限)と表記される。
鳥型を模したと思われる形状をしており、コントローラーなどで操作せずとも自由に空を飛行することができる特殊なメモリ。
その特殊性の最たるものとして、このエクストリームメモリ自体には他のガイアメモリと異なり特定の「地球の記憶」が内包されていないことが挙げられる。
代わりに物質や人間をデジタル化し電子世界となった内部空間である「ガイアスペース」へと取り込むことができ、この機能こそがエクストリームメモリ最大の特徴となっている。
それによりダブルドライバーに挿入されたサイクロン及びジョーカーのメモリを内部へ取り込んで進化を促し、地球の本棚を閲覧できるフィリップとベルト装着者を地球そのものに直接データリンクさせるという壮大な事象を実現する。

強化変身時には、前述の機構によりフィリップの肉体を取り込んだエクストリームメモリをサイクロンジョーカーのダブルドライバーへと重ね、合体後に鳥型の頭部を左右へ割るようにして展開することでフォームを進化させる。
これによってエクストリームメモリ背部の模様は大きな「X」の形状へと変化し、スロットを展開した内部からもう一つの「X」の文字が姿を現す。
これまでのダブルドライバーによる二人が精神でのみ同調する変身から、精神とともに肉体も一体化する方式へとバージョンアップし、完全に「地球の記憶」へと直結することが可能になる。
エクストリームの境地へ至った存在は、まさしく「地球の記憶」を自由自在に扱うことができ、劇中では地球と一体化するとさえ比喩された。

自立稼動メモリ単体としての機能性も高く、盾となってドーパントの攻撃を跳ね返し、時には取り込んだフィリップの身体を治療するなど、使用法は非常に応用が利く。
変身前の持ち主の呼びかけに応じていつ如何なるときも飛来し、時にはドーパントへと単体で特攻を仕掛けることもしばしばである。
変身前にはキャッチで直に受け止めたり、手を使わずともダブルドライバーの直上に誘導レール線が走りその宙空を滑るようにしてベルトへ収まることができるようだ。
ボディサイズの数値から見ても鳥型を模したとは思えないほど全高に比べてとても幅が厚く、玩具などからは一見しただけでもその守備力の高さが窺える。

関連カード