《セプテントリオン》

通常罠
自分の墓地からモンスターを7枚選択しゲームから除外する事で発動する。
自分の墓地から「地獄烏 お空」または「熱かい悩む神の火 霊烏路空」1体を選択し自分フィールド上に特殊召喚する。


 テキストからは読み取れないが、蘇生条件を無視することができる。そのため、正規融合でなく《ニュークリアフュージョン》により融合デッキから特殊召喚したり、《ゲール・ドグラ》や《フュージョン・ガード》等で直接墓地に送った《熱かい悩む神の火 霊烏路空》でも蘇生することが可能である。(元々蘇生条件のない《地獄鴉 お空》にはあまり関係ないが。)この手のカードにありがちな永続罠ではなく通常罠なので完全蘇生となるのもうれしい。

 以上のように効果はかなり有用なのだが、そのコストが足を引っ張る。《終わりの始まり》でさえも5枚だけで済むのだが、このカードはその上をいく7枚を除外しなければならない。(この7枚の他に《熱かい悩む神の火 霊烏路空》も墓地にいる必要があるので計8枚が墓地に存在する必要がある。)そのため[《ニュークリアフュージョン》]]による特殊召喚を基点とするデッキだと墓地コストが足りずに、または《熱かい悩む神の火 霊烏路空》を墓地に送れず発動できずに終わることもあるだろう。

 このカードを活用するに当たって重要なことは「墓地を肥やす」「《熱かい悩む神の火 霊烏路空》を墓地に送る」の2つである。(《地獄鴉 お空》はわざわざこのカードを使う必要はないだろう。)墓地を如何に肥やすかは様々な手法があるのでここでは述べないが、除外するカードはいかなるモンスターでもいいことは心にとどめておこう。実際に重要なのは後者である。墓地はいかようにも肥やせるが、エクストラデッキからは限られた手段でしか墓地に送ることができない。それは大まかに2つに分けられるだろう。
  • 一度フィールドに出す
 通常の《熱かい悩む神の火 霊烏路空》の運用方法である。この場合、このカードは「《熱かい悩む神の火 霊烏路空》が除去された時の蘇生手段」として使用することになるだろう。また、通常ならば自壊してしまう《幻想召喚師》もこのカードでフォローが可能になった。
  • 直接墓地に送る
 このカードで蘇生することを前提として《熱かい悩む神の火 霊烏路空》を墓地に送る。特に《ゲール・ドグラ》はライフの続く限り何枚でも墓地に送れるので、墓地肥しとしても優秀である。

 また、この7枚除外というコストを有効に活用する方法も考えておくといいだろう。《魂吸収》を使用しておけば、《ゲール・ドグラ》のコストを完全に賄うライフゲインが出来る。他にも、このカードは大量に除外するので、除外されている枚数を参照するカードとの相性も良い。《ヘリオス・トリス・メギストス》にして2100ポイント、《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》にして2800ポイントもの攻撃力・守備力変動が起こる。《ヘリオス・トリス・メギストス》は太陽のカードなので、イメージの面でもマッチしている。

 このカードを活用するには墓地運用に頭を悩ませることになるが、フィールドの上ではアドバンテージ消費なしに高攻撃力モンスターを出せるので、使いこなせばかなり強力であろう。

  • 原作において―~
 ダブルスポイラーLevel8-8にて霊烏路空が使用するスペルカード。
 その名の通り北斗七星を核弾で描く。その傍らのアルコルの位置に弾源が発生し、弾を吐き出し続ける。まさしく死兆星の様相を示している。

関連カード