《スイートポテトルーム》

フィールド魔法
植物族モンスターの攻撃力・守備力は200ポイントアップする。
「秋」と名のついたモンスターは戦闘では破壊されない。この効果は1ターンに1度のみ適用される。  

「Fairy Overdrive」で実装されたフィールド魔法。
フィールド上の植物族の攻守力を微増させる効果と、と名のついたモンスターに戦闘破壊耐性を付与する効果を持つ。

植物族のみをパワーアップさせるフィールド魔法はこれが初めてのカードとなる。
植物族には地属性モンスターが多いため《ガイアパワー》で事足りる場合も多いが、昨今では《椿姫ティタニアル》《四季のフラワーマスター 風見幽香》といったように地属性以外の強力な植物族モンスターも増えている。
また単独で採用されるような植物族アタッカーがほぼ存在しない事から一方的にこちらが恩恵を甘受できる点は、相手のカードをもパワーアップしてしまう可能性が大きい《ガイアパワー》に比べてこちらが上回っていると言える。

上昇値は200と僅かであるが、《ボタニカル・ライオ》が単独でも《サイバー・ドラゴン》と相討ちでき、
《ギガプラント》《四季のフラワーマスター 風見幽香》《スターダスト・ドラゴン》を一方的に戦闘破壊できるようになるのは決して無視できないメリットである。

二つ目の効果はと名のついたモンスターに破壊耐性を与える事ができる。
現在、と名のつくカードは《豊穣の神 秋穣子》《紅葉の神 秋静葉》《豊穣の秋神チーム》の3体。
どのモンスターも基礎ステータスに不安を残しているため、1ターンに1度とはいえ戦闘破壊耐性は有り難い。
特に真価を発揮できるのは、《豊穣の秋神チーム》が自分フィールドに存在する場合だろう。
このカードのステータスアップと合わせて、相手は上級ボーダーラインの2400を超えるモンスターを2体以上召喚しなければ《豊穣の秋神チーム》を突破できなくなり、存在しているだけで毎ターンドロー効果を発動できるこのカードがさらに場に残りやすくなる。
ドローによって増えた手札でさらに防御を磐石にしたり、焦ってフィールドモンスターを増やしてきた相手を狙い撃つ事が出来るならば理想的だろう。


  • このカードの効果が適用されるのは1ターンに1度。自分の全てのモンスターに《ゴッグ》の耐性を持たせるのではなく、1ターンに全体を通して1回のみの戦闘破壊耐性。つまり《BF-孤高のシルバーウィンド》と同じである。読み間違えないように注意しよう

  • 元ネタにおいて
東方projectの傍流ゲーム「ダブルスポイラー」において《豊穣の神 秋穣子》が使用するスペルカード。
お菓子のスイートポテトとホテルのスイートルームを掛けた名称となっている。