《たべのこし》

装備魔法
【ポケモン】を持ったモンスターにのみ装備可能。
装備モンスターのコントローラーのエンドフェイズ毎に、コントローラーは1000ポイントのライフを回復する。  

「Best Wishes!」にて実装された装備魔法。
【ポケモン】に装備でき、装備されている限りライフを回復する事ができる。

毎ターン1000と、回復量と効率自体は悪くないのだがディスアドバンテージの発生しやすい装備魔法というのが痛い。
多少のライフを回復した所で場を制圧されればあっという間にその増やしたライフごと減らされてしまうのは、このゲームの常識である。

使用する場合、《はっこうポケモン ツボツボ》のような、なるべく場持ちの期待できるモンスターに装備したい。
装備モンスターが何ターンも粘る事が出来れば、1枚でも馬鹿にならない量のライフを増やす事ができるだろう。


  • 原作・アニメにおいて―~
ポケットモンスターシリーズに登場する「もちもの」の一つ。ポケモンに持たせることで、戦闘中そのポケモンが行動する度に最大HPの1/16を回復する。
1確(1撃で倒せるの意)のような言葉が平然と登場する事から分かるように、基本的にポケモンの対戦というものはお互いに1撃、2撃で倒れるものであり
何の策もなく同じポケモンが何ターンも場に残っている状況というのはかなり稀である。
そんな中で、最大HPの1/16という僅かな体力しか回復できないこのもちものはあまり役には立たないようにも見える。
しかしいわゆる「耐久型」と呼ばれる、守備を重視したステータス・技構成を持ったポケモンならば、長い間生き残る事は十分可能であり、
そんなポケモンに持たせてこそ、このたべのこしは活きる事となる。
1ターン相手の攻撃を完全に防ぐ「まもる」、回避率を上げる「かげぶんしん」、毎ターン相手のHPを吸収する「やどりぎのタネ」などの技と、
元からHPや防御の高いポケモンと組み合わせる事でたべのこしはボディーブローのようにじわじわと効いてくるのである。
守っているだけでは勝てないのがポケモンバトルなので、毎ターンダメージを与える「どくどく」などとコンボさせるのも忘れないように。

《はっこうポケモン ツボツボ》などはまさにこの耐久型と呼ばれるポケモンの代表の一つであり、たべのこしを活かせるポケモンの一体である。
持たせたポケモンが何ターンも生き残る事で初めて大きな効果を得られる様はまさに原作での働きと一致していると言えるだろう。




関連カード