2010年12月最後の実装カード《シャンバラ》においてその存在が匂わされ、2011年1月第二週パック「Dies irae」・第三週パック「acta est fabla」にてその姿を現したカード群。


黒円卓とは、ナチスドイツの親衛隊、その中でも特にブラックボックス的な側面を持つレーベンスボルン機関、アーネンエルベ局、アインザッツグルッペン、絶滅収容所等、いわゆるオカルトや超人研究、ホロコーストに関わる裏の部隊を統括する組織名。
高度な科学、魔術儀式を実践し、人外の力を獲得した正真正銘の超人たちである。
俗に“最後の大隊”(ラスト・バタリオン)と呼ばれるナチス残党の中でも、最強の力を持つ十三人の軍隊。
たったそれだけで、国家すらも滅ぼし得る最悪の軍団(レギオン)。

彼らは一人の例外も無く、黒円卓と呼ばれる占星術、ルーン魔術、大アルカナの式を組み込んだ魔法陣の霊的加護を受けており、
そのうえで聖遺物という規格外のマジックウェポンを自在に操る。

誇張ではない一騎当千。

彼らの目的は東洋の地・《シャンバラ》におけるスワスチカの開放、そしてそれによる首領達幹部の現世への帰還である。

なお、黒円卓における順位はルーン、アルカナ、星座の配置関係を表すものにすぎないので、力による序列ではない。

現在、存在が確認できるのは黒円卓十三名のうち八名。
残る五名の行方はようとして知れず、既にこの世には存在しないとする説もある。
しかしその五名こそ黒円卓で最も恐るべき力を持つ者達、すなわち首領・副首領・そして三人の大隊長達だ。
彼ら五名はいずれも無敵の武勇・比類なき魔力・強靭な精神を兼ね備える、超人を超えた魔人であり、決して相対してはならない地獄の戦鬼である。
この五名が間違っても現世に再び舞い戻ってくる事のないよう、我らは祈るばかりであろう。