《Sp-ラピッドショット・ウィング》

速攻魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体の攻撃力を、エンドフェイズまで「自分用スピードカウンターの数×100」ポイントアップする。 

自分用スピードカウンターの数に応じてモンスターの攻撃力を上げる速攻魔法。
カウンターをため込めば最大で1200ポイントの攻撃力を上げることができる。

スピードスペル特有の発動条件は存在しない分、カウンターの量で増加する攻撃力が変わる。
ビートを軸としたデッキならば容易に採用することができ、発動する時の躊躇もいらないのでRD初心者にはお勧めの一品。

スピードカウンターを消費するSpを採用せず、このカードと《Sp-アクセル・ドロー》だけで通していくデッキもいいだろう。
相手にカウンターの推移を読まれやすい代わりに、プレイングの難易度が下がり、引きによる波が生じにくい

  • 原作・アニメにおいて―~
アニメ5D's「遊星VS牛尾(二戦目)」にて牛尾が使用。《サーチ・ストライカー》の攻撃力を500ポイント上昇させ、遊星のライフを0にしようとした。
原作のテキストではスピードカウンター5つ以上ある場合でしか発動できなかったようだ。