《機皇帝グランエル∞》

効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 0 /守 0 
このカードは通常召喚できない。「グランド・コア」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。
このカードの攻撃力・守備力は自分のライフポイントの半分の数値分アップする。
相手フィールドに表側表示で存在するシンクロモンスター1体を指定してこのカードに装備する事ができる
(この効果は1ターンに1度しか使用できず、同時に装備できるモンスターは1体のみ)。
このカードの攻撃力は、装備したモンスターの攻撃力の数値分アップする。


機皇の名をもつ、通常召喚できないモンスターで、《グランド・コア》の効果でのみ特殊召喚ができる。機皇帝共通効果のシンクロモンスターを装備する効果と、ライフによって攻撃力が変動する効果をもつ。

《機皇帝ワイゼル∞》《機皇帝スキエル∞》と異なる点は、このカードの元々の攻撃力は0であるという点である。その代わり、このカードの攻・守はコントローラーのライフポイントの半分となるので、自分が無傷のままこのカードを特殊召喚すればフィールドに攻撃力4000のモンスターがいきなり飛び出すことになる。

このモンスターの特性上、ほかの機皇帝とはまた違ったデッキ構築をする必要がある。相手の攻撃をライフで受けるといったことができないため採用するカードも攻撃を無効化、ライフを回復するものを積んでおく必要があるだろう。両方兼ねることのできる《ドレインシールド》はお勧めのカードである。壁になりつつ、ライフを回復できる《素早いモモンガ》をデッキに入れてもよい。

他の機皇帝同様、《光学迷彩アーマー》との相性がいい。とくにこのカードの場合ライフ8000の状態で《リミッター解除》をかければそれだけで相手のライフを0にできる。

イリアステルメンバーは嫌がるだろうが、シンクロモンスターの《メンタルスフィア・デーモン》との相性も悪くない。戦闘でモンスターを破壊して自分のライフを回復しつつ、相手フィールドに押しつけてこのカードで吸収することができる。

このカードの弱点は、元々の攻撃力が0であるため効果を無効にされること。そのため、機皇帝サポートであるはずの《インフィニティ・ガード・フォーメーション》とは相性が悪い。

  • アニメにおいて
イリアステルの三皇帝、ホセの使用する機皇帝。アニメでは攻撃力は自らのライフと同じになるというOCGやCGIのものより強力だったが、アニメの初期ライフが4000であるため当たり前といえば当たり前である。他の機皇帝と違い、初期パーツすべてに効果をもっており、《グランエルT》は攻撃を行う際相手シンクロモンスターの効果を無効にする効果を、《グランエルA》∞が戦闘で破壊したモンスターを∞自身に装備する効果と、装備したシンクロモンスターで攻撃を行える効果を、《グランエルG》は装備したシンクロモンスターを盾に使える効果を、《グランエルC》は自分フィールド上のモンスターを1度だけ戦闘破壊から守る効果をもつ。これたのパーツのほかにも、《グランエルT5》、《グランエルA3》、《グランエルG3》がアニメに登場している。いずれのパーツの形も水生生物をモデルにしている。

関連項目