※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《黒円卓第五位"獅子心剣"櫻井螢(さくらいけい)=レオンハルト・アウグスト》

効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1900 /守1300 
このカードのコントローラーは、このカードが攻撃可能な状態であれば必ず攻撃しなければならない。
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与える度に、このカードの攻撃力は200ポイントアップする。
●創造位階:このカードのレベルを3つ上げ、攻撃力を1000ポイントアップする。

「騎士の魂はその剣に宿り、いつまでも生き続ける」 

1月第二週パック「dies irae」にて実装された炎属性・戦士族の下級モンスター。
黒円卓の名を持ち、攻撃可能であれば強制的に攻撃を行う永続効果のデメリット、 戦闘ダメージを与えるたびに攻撃力を上昇する永続効果、そして《創造位階》によって得られる能力を上昇させる永続効果を持つ。

攻撃力1900はデメリットを持つアタッカーとしてはそれほど高くない数値だが、下級アタッカーとしては十分な数値であり、また自身の持つ永続効果で攻撃力を底上げできるため扱いにくくは無い。
また、上級・最上級モンスターばかりの黒円卓の中では珍しい下級モンスターであるため、《シャンバラ》スワスチカカウンターを乗せる役目にも適している。
《黒円卓第十位”紅蜘蛛”シュピーネ》のように破壊された時に発生する防御効果は持っていないが、条件を満たさないとリリースが必要となるあちらに比べ手札事故の危険性も少なく、単純な戦闘力でもこのカードの方が上のため、かなり扱い易いと言える。

攻撃を強制するデメリット効果を持つため攻撃反応系の罠カードや《収縮》《銀幕の鏡壁》のようなコンバットトリックによる迎撃に弱く、伏せカードの存在に気を配る必要がある。
もっとも《怒れる類人猿》のように自壊効果があるわけではないので、どうしても攻撃したくない時には守備表示にしてしまえばよい。
ただし、相手の《軍神ガ―プ》などには注意。

黒円卓の特徴である《創造位階》によって得られる能力は、自身の攻撃力とレベルを大幅に上昇させると言う単純ながら強力な物。
他の黒円卓のモンスターに比べると少々見劣りするものの、このカードが他の黒円卓モンスターに比べ出しやすい下級モンスターである事を考えれば十分に強力な効果であると言える。
手札にこのカードと《創造位階》が揃えば、効果による除去に耐性を持った最上級モンスタークラスのアタッカーをすぐさま出す事が出来るのだ。
さらに一度でも戦闘ダメージを与えることが出来れば攻撃力は3100となり、《青眼の白龍》のような攻撃力3000ラインのモンスターを一方的に戦闘破壊できるようになる。
加えてこれらの効果による攻撃力上昇は元々の攻撃力が上がっているわけでも無いので、《創造位階》の弱点の一つである《収縮》にもある程度耐性を得られるのも心強い。
ただし、効果による攻撃力の上昇と言う性質上、《禁じられた聖杯》や《エフェクト・ヴェーラー》などの効果を無効にするカードへの耐性が他の黒円卓と比べ低いことには注意したい。

黒円卓の名を持つモンスターの多くは強力な効果や戦闘力を持つものの、その殆んどが上級・最上級モンスターのため手札事故を起こしやすい。
そんな中、下級モンスター故フットワークが軽く、戦線維持に役立つこのカードの存在は非常に大きい。

総じて、黒円卓の中でもバランスに優れた扱い易いカードであると言えるだろう。

  • 原作・アニメにおいて―~
PC用ゲーム「dies irae」の登場するキャラクターの一人。

聖槍十三騎士団・黒円卓第五位。司るルーンは「闘争」。魔名は「獅子心剣(レオンハルト・アウグスト)」。

本作のヒロインの一人であり、現騎士団内で唯一の日本人にして最年少団員。
大戦中の同盟国としてとある縁からナチスに関わった一族の末裔で、本編の11年前に死亡したある団員の後任として騎士団入りしたという経歴を持つ。
見た目通りの年齢のため幹部五人との面識はなく、そのためヴィルヘルムなどからは「劣等」として見下されている。

一見すると生真面目で堅物な印象を受けるが、その実かなりの激情家。
無益な殺生は好まず、暴走しがちなヴィルヘルムやルサルカの行き過ぎた行動に釘を刺す事もある。
しかし目的のためには他者を切り捨てる非情さも持ち合わせており、ラインハルトの黄金錬成にかける自らの願いのために主人公達の前に立ち塞がる。
「死んだ人間は決して蘇らないし蘇ってはいけない」という主人公の主張に強く反発するのだが……

聖遺物は櫻井の一族によって室町時代に作られた神剣『緋々色金(シャルラッハロート)』。
櫻井の一族に伝わる特殊な金属を使って作られており、所有者の性質によって形状が変化するという特性を持つ。
彼女が扱う場合は炎を纏った緋色の剣として機能し、創造の発動時は大太刀の形状に変化する。
創造は『爾天神之命以布斗麻邇爾ト相而詔之(ここにあまつかみのみこともちて、ふとまににうらへてのりたまひつらく)』。
その能力は『自分自身を炎へと変化させる』ことであり、ただ炎を操るだけでなく自らの身体も炎と化しているため、物理的な攻撃を透過させることが出来る。

硝子の刃物のようと評されるような脆い面もあるものの、自らの大切な物のために幾度となく打ちのめされながらも立ち上がり続ける「強さ」を持ったキャラクター。
一方で微妙に世間ズレした可愛らしい一面や年相応の少女のような感性も持ち合わせており、それらのギャップからかファンからの人気は高い。
ちなみにツンデレ。